【卑劣!】被災地の女性や子供を狙う卑劣な犯罪実態とは・・過去の災害で起こった信じ難い実例公開!

毎年発生する地震・豪雨・台風など、自然災害の被災地で問題となっている女性・子供を狙った性犯罪!デリケートな問題だけに報道の表には出ませんが、ツイッターを中心に卑劣な手口が明らかにされています。多くの人に周知してほしい実態がここに!

【卑劣!】被災地の女性や子供を狙う卑劣な犯罪実態とは・・過去の災害で起こった信じ難い実例公開! のイメージ

目次

  1. 1女性・子供は要注意!被災地で起こる卑劣な性犯罪とは
  2. 2卑劣な手口1.『食料で釣る』
  3. 3卑劣な手口2.『支援を騙る偽善者』
  4. 4緊急時における性トラブル諸々
  5. 5ネットの反応

女性・子供は要注意!被災地で起こる卑劣な性犯罪とは

被災地で、人の弱みに付け込んだ卑劣な犯罪が横行しています。そんな実態をツイッターなどから纏めてみました。ぜひ多くの人に周知して頂き、被害を食い止めて頂きたいと思います。

卑劣な手口1.『食料で釣る』

被災地では一時的にライフラインがストップしてしまうため、誰でも水や食料を必要とします。スーパーやコンビニも営業が出来ない時、人は心細くなります。

そんな人の弱みに付け込む卑劣漢のやり口は...

「車に食料あるよ」と声かけて乗せてというやり方です。

車に乗ってしまったら犯人の思うツボ…。

卑劣な手口2.『支援を騙る偽善者』

県外ナンバーで支援に来たという人は多くいます。しかし中には女性だけに近寄って支援を餌に不埒な行動に出る輩がいる事も事実です。親切なボランティアを疑いの目で見る事は辛いですが、用心するに越した事は有りません。

近隣の地域であれば、直接被災地に足を運んで物資を渡す人もいます。

すごく良心的な心を持つ人の割合が圧倒的に多いですが、それを逆手に取り偽善者を偽る人が女性をレイプするという手口も有名です。

緊急時における性トラブル諸々

一見善良なボランティアの中にも精神的ストレスがたまり、こんなトンデモナイ行動に出る人もいるらしい...surprise

ボランティアなんだから体を提供しろ」と大胆に性行為を要求してくる人も。
 

どうしてもどうしても我慢ができなかったんですね。

何日も何時間も閉鎖的な空間に閉じ込められているわけですから、男性は性欲が溜まりに溜まって爆発するのです。

性欲を満たす場所がなくなってしまうと、人間って壊れてしまうんですね。

その他にも授乳中にじっと見られた人や、避難所の狭い空間でのプライバシー欠如(着替えを覗かれるなど)、共同トイレに行く途中で襲われた等々...

ツイッターにも具体的な被害例が上がっていますので、参考にして下さい。

この様な火事場泥棒的性犯罪は許しがたいですねangry

被災地では、女性や子供は絶対1人にならないよう注意してください。

ネットの反応

・みんなが大変な時に弱いトコを攻撃だなんて、絶対に許しちゃ行けないと思います❗️みんなで、シェアして現地の人達には十分に気を付けていただきましょ!
・火事場泥棒もかならず現れます 金庫や放置車両内部、あるいは無人化した個人宅を漁る不届き者がかならず出ます
・こんな奴らがいると善良なボランティアまで白い目で見られてしまう...
・被災者の人もボランティアも単独行動は避けるべきだね

「被災地の火事場泥棒は射殺してしまえ!」ビートたけしはテレビで語りました。それほど卑劣な犯罪なのです、被災地での犯罪は。この実態は多くの人にシェアして頂きたいと思います。

出典:Twitter Facebook MISERU 四葉のclover 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ