風見しんごの長女をひき殺したトラック運転手の罪が軽すぎる謎?!裏には驚愕の事実が…

タレント風見しんごの長女が交通事故死したのは通学路途上の横断歩道を青信号で渡っている時のこと。にもかかわらず加害者トラック運転手に課せられた罪は禁固2年という軽いもの!世間の反応も訝る声多数!実は"業界の事情の為"という黒い噂とは

風見しんごの長女をひき殺したトラック運転手の罪が軽すぎる謎?!裏には驚愕の事実が…のイメージ

目次

  1. 1小学生の長女が悲惨な交通事故の犠牲に...
  2. 2不可解な判決
  3. 3業界がらみの裏事情という噂とは
  4. 4ネットの反応

小学生の長女が悲惨な交通事故の犠牲に...

事故が起こったのは2007年1月17日。小学校5年の長女えみるさんは自宅を出て150メートルほど歩いた先にある横断歩道を青信号で渡っている時、右折のトラックに巻き込まれてしまったのです。

えみるさんは病院へ搬送されましたが、頭がい骨陥没骨折で死亡が確認されました。即死状態でした。

えみるさんは通学途中で、青信号の横断歩道を渡っていた。関係者によると、ダンサー志望だったえみるさんは自慢の娘で、子煩悩な風見はショックで泣き崩れているという。警視庁玉川署は、業務上過失傷害の現行犯で、トラックを運転していた埼玉県所沢市の会社員加藤雅哉容疑者(22)を逮捕した。

風見夫妻の悲しみは大変深いものでした。朝元気に学校へ向かったと思ったら、12時間後には長女の冷たい体が病院の遺体安置所に横たわることになったのですから...

風見夫妻は「うちの子には何の非もないのに、なんでこんなことになるのか。なんでこんなことに…」と、娘を失ったショックで病院では立っていることもできず、床に泣き崩れていたという。

不可解な判決

この事故の判決は約6か月後に出されました。しかし、その判決は耳を疑うような"軽い"ものでした。幼い人命を一方的に奪った過失事故にしては禁固2年の実刑だったのですから。

タレント風見しんごさん(44)=本名大下義博=の長女で小学5年大下えみるさん=当時(10)=をトラックではね、死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた元会社員加藤雅哉被告(23)の判決公判が6日、東京地裁であり、村上博信裁判官は「横断歩道上の安全を確認するという運転者の基本的な注意義務を怠り、登校中の児童を死亡させた刑事責任は重大」と述べ、禁固2年(求刑禁固3年)の実刑を言い渡した。
 弁護側は同日、判決を不服として控訴した。

なんと被告は禁固2年を不服として控訴したというから驚きと怒りが湧いてきます。「YAHOO知恵袋」の質問者も同様で、"いったい何が不服なのか?" "執行猶予なら満足なの?全然反省していない"と指摘しています。

BAに選ばれた人の意見も被告とその弁護士の対応に怒りを滲ませています。

反省していたら「不服」だなんて思わないですよね。
人間一人、この世から消しておいて、裁判の結果に「不服」だなんて、
おかしな話です。
そんな立場じゃないのに・・・。

(中略)

だって今23歳なら、出所した時まだ20代の半ばじゃないですか。
その時点でも、将来の可能性がまだまだありますよね。
えみるちゃんの将来は一瞬にして消えてしまったのに。

被告が将来、人の親になったとして、その子供が横断歩道を
歩いている時にトラックにひき殺されたらどうするんでしょうか。
その犯人が執行猶予とかになっても納得できるんでしょうか。

弁護人は被告の利益を守るのが仕事だけど、禁固2年が
被告の不利益だとは思えません。
世の中理不尽なことが多すぎますね。哀しいです

業界がらみの裏事情という噂とは

しかし、テレビや新聞など表向きの報道では被告の勤務先名が一切伏せられています。その理由についてある噂がネットで飛び交っています。

それは業界の事情により被告の勤務先会社名が出せない、乗っていたトラックの画像もNGだというのです。

業界の事情とは被告は「花王」の物流子会社「花王ロジスティクス」の社員だから、テレビ局や新聞社などマスコミは大手スポンサー「花王」に忖度した結果だと専らの噂です。

運転手が働いていた「花王ロジスティクス」は、テレビ局のスポンサーである花王製品の在庫管理・共同配送等の業務に携わる会社。芸能界の裏事情が働き、マスコミは一切報じることをしなかったそうだ。

事故から10年以上が経ちました....

「ルールを守る人が、ルールを破る大人の暴走で犠牲になる。あまりに理不尽です。」と交通事故の悲惨さを訴える風見しんご

出典:NEWSポストセブン 

黒い噂が本当だとしたら許しがたいですね!

ネットの反応

・花王ロジスティクスは所詮子会社の物流会社...花王本体が守る訳はない
・それでも"花王"という名前が出ることを嫌った花王がスポンサーの圧力で抑え込んだのだろう
・花王ロジスティクスは「配送ルートは社が決めているわけではない」というが、責任逃れじゃねーかangry
・結局控訴は棄却され判決は確定、でも今頃シャバに出て何事もなかったように車運転してるんだろうな

花王は直接事故とは関わっていませんが、嫌な噂ですね。それというのも交通事故の判決が理不尽だからです。早急な法の整備が待たれます。現在、どう変わったのでしょうか?

出典:ビター・マガジン YAHOO!JAPAN知恵袋 asahi.com 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ