【矛盾】巡業中の貴乃花親方が関取衆の酒盛りの場に参加!「言動不一致?!」

日馬富士暴行事件で大相撲が揺れ動いていた時、貴乃花親方が『力士たちの酒盛り』に参加していたことが発覚!弟子には他の部屋の力士と飲むなと言って置きながら自分はOKだというのは言行不一致だと指摘する声が...

【矛盾】巡業中の貴乃花親方が関取衆の酒盛りの場に参加!「言動不一致?!」のイメージ

目次

  1. 1日馬富士暴行事件で険悪な状況だった貴乃花親方と協会幹部
  2. 2夏巡業で力士たちの酒席の場に貴乃花親方が参戦!
  3. 3『信念はどこへ?』貴乃花親方を矛盾だと指摘する声
  4. 4ネットの反応

日馬富士暴行事件で険悪な状況だった貴乃花親方と協会幹部

暴行事件とは

問題が起こったのは2017年10月25日夜、白鵬の出身高校の親睦会の後、モンゴル勢力士だけが集められた飲み会の席でした。貴ノ岩が日馬富士に暴行を受けたのです。理由は"態度が悪いから"というヤンキーのような言い分でした。

立腹した日馬富士は素手で貴ノ岩の顔を1回たたいた。貴ノ岩は謝罪したが、日馬富士には貴ノ岩がにらみ付けるような表情をしたように見えたため、「なぜ、こんな態度を取るんだ。おまえのことをさっきは守ってやったじゃないか。おまえは横綱をなめているのか」「こら、おまえは何様なんだ」と、断続的に素手で頭部や顔面をたたいた。

更に日馬富士は貴ノ岩の頭をリモコンで数回殴り、大けがを負わせてしまったのです。

事件発覚後、貴乃花親方は協会幹部と一触即発の状態へ

貴乃花親方は愛弟子貴ノ岩の受けた暴行を協会には報告せず、警察へ被害届を出しました。そして協会が貴乃花親方に事件についての説明を求めても警察の捜査が終わるまでは何もしゃべらないと主張し、更に両者の対立色は濃くなりました。

そして協会は冬巡業に貴乃花親方を同行させないと方針を変えました。

日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で理事会を開き、巡業部長の貴乃花親方(45=元横綱)を3日の長崎・大村市から始まる冬巡業に同行させないことを決めた。元横綱日馬富士(33)の暴行問題に関連して、相撲協会の幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に対する調査が終わっていないことや巡業先の混乱を避けるため。

更に横綱日馬富士は電撃引退をしました。

夏巡業で力士たちの酒席の場に貴乃花親方が参戦!

しかし12月になって貴乃花親方が8月の夏巡業で、力士たちの『酒盛り』に参加していたことが分かったのです。

貴乃花親方は部長として参加した今年の巡業中に関取衆の“酒盛り”に自ら参加していたことが判明した。貴乃花親方が部長として参加した巡業中に関取衆の“酒盛り”に参加していたことが明らかになった。

こんなタイミングで発覚するとは何か悪意のある者がタレコミをしたのではないか?そう勘繰りたくなるようなタイミングでした。

今年8月の夏巡業中でのことだ。ちゃんこ場(力士の食事会場)にはスポンサーから提供されたとみられる缶ビールや缶チューハイのほか、ワインのボトルなどがズラリ。昼すぎには関取衆の間で酒盛りが始まった。やがて関取衆による“酒宴”の輪の中に、巡業部長の貴乃花親方までもが加わることに。大いに場は盛り上がり、なかなか席を立とうとしなかった貴乃花親方の姿が目撃されている。

巡業という事もあり、力士たち皆リラックスして良い笑顔になっています。

貴乃花親方もこのとおり良い笑顔で写っています。勿論、例の事件前ですから当然ですが...

『信念はどこへ?』貴乃花親方を矛盾だと指摘する声

上記の『酒盛り』の件が公に出たのは12月、正に理事会で他の親方衆から貴乃花包囲網が敷かれていた時でした。

理事会は八角理事長(54=元横綱北勝海)の真正面に貴乃花親方が座り、同親方の両脇に協会執行部の尾車親方(60=元大関琴風)、鏡山親方(59=元関脇多賀竜)、春日野親方(55=元関脇栃乃和歌)が居並んだ。執行部による“貴包囲網”と言っていい席順。実際、理事会では貴乃花親方の責任問題にも話が及んだ。

巡業部長という立場にありながら、暴行事件を協会に報告しなかったこと、警察へ被害届を出した後は頑として協会の説得に応じず、きょうかいへ一切説明をしない事などが責任問題へ発展していったのです。

親方の一人は『酒盛り』の件について、以下のように語りました。

「力士同士が巡業で酒を飲むことがダメだとは思わない。巡業は期間も長いし、移動も大変。息抜きも必要」と前置きした上で「(一部で報じられたように)貴乃花親方が自分の弟子に“他の部屋の関取と酒を飲むな”と言うのなら(夏巡業中の行動は)明らかにおかしい。言っていることと、やっていることが違いすぎる」と首をかしげた。

 
巡業中のちゃんこ場であろうと、その後の夜の街であろうとも、関取同士が酒を酌み交わしている点では同じこと。巡業部長として関取衆の酒盛りを容認しているばかりか、自ら輪に加わっていたとは…。世に伝えられている貴乃花親方の“信念”からすれば、確かに矛盾した行動に見える。

しかしこのことがそんなに大きな問題と言えるのでしょうか?貴乃花親方の言う『他の部屋の力士と飲むな』とはコソコソと会ったり、特定のグループと親しくなるようなことを避けろということでしょう。

何故なら『八百長の相談』まがいの事をしているという誤解の目を向けられるのを防ぐためにです。

しかし上の写真の飲み会は、言わば巡業中の息抜きとして力士全体の親睦会のようなもの。ならば巡業部長である貴乃花親方が参加することは寧ろ自然です。

何か『出る杭は打たれる』的存在になってしまった貴乃花親化という印象を受けます。

ネットの反応

・誰でも気軽に参加できる場、雰囲気ならまったく問題ない 密室のでの限られたものだけの私的会合が問題ある
・巡業部長が巡業中の酒宴に参加とか業務じゃねーか
・寧ろ心温まるエピソードとして紹介してもいいくらい
・アンチ貴乃花の誰かが写真を週刊誌に垂れ込んだのだろう

普通に何の問題もないと思いますが、東スポ報道は貴乃花非難に染まっている気がします。信念とは別問題です。余り固い事言わなくていいと思います。

出典:東スポweb 5ちゃんねる 日本経済新聞 キニナル話題まとめちゃん 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ