【修羅場】高校生の娘が実の子でない事が分かり離婚へ!離婚調停で発した娘の言葉に弁護士ドン引き

嫁が不倫相手との間に出来たのが今の娘だと分かり離婚!しかし娘が離婚調停の場で放った言葉に俺は感激!嫁は絶句!弁護士はドン引きという展開に!娘の驚きの話とは

【修羅場】高校生の娘が実の子でない事が分かり離婚へ!離婚調停で発した娘の言葉に弁護士ドン引きのイメージ

目次

  1. 1実は娘が俺の子じゃないことが発覚して離婚へ。
  2. 2結婚後も不倫関係にあった元嫁と大幹部
  3. 3娘が離婚調停の場で放った言葉とは...
  4. 4ネットの反応

実は娘が俺の子じゃないことが発覚して離婚へ。

1年前、高校生の娘が自分の子じゃない事が分かり、不倫嫁と離婚することになった男の告白です。

以下、登場人物とスペックを記載します。

■登場人物と各々のスペック

当時 俺38歳  看護師でブサオタ。腹黒鬼畜だけど自分より弱い者には優しいかと思う。患者アンケートで看護師人気No.1に良く選ばれるくらいには外面はいいはず。料理好き。 

元嫁37歳 美人で我の強いタイプ。家事が苦手で、昔娘が言った「ママのご飯よりパパのご飯が好き」により食事を作らなくなったりと家事放棄気味 

娘15歳 嫁に似て可愛い、嫁に似ず性格もよく勉強も運動も出来る、それなんてエxゲヒロイン?って感じ。家事も良く手伝う自慢の娘だった 

元嫁の浮気相手 42歳 とある企業の大幹部。渋い感じの抱かれてもいいくらいのイケメン。元嫁と結婚前から付き合いがあったらしい。娘の実の父親

どうやら嫁と大幹部(原文ママ)は俺氏と結婚する前から付き合っていたようで、大幹部父が二人の結婚を認めず無理やり別れさせたとのこと。

しかし、大幹部はその後、親の意向に沿って政略結婚します。失意の元嫁は俺氏と知り合い結婚します。

結婚後も不倫関係にあった元嫁と大幹部

ところが大幹部と元嫁はそれぞれが結婚後も逢引を重ねていたようです。その結果、出来たのが今の俺氏と元嫁との間(に出来たと思いこまされていた)の娘だったというわけです。

俺氏には内緒で娘を自分ら夫婦の子供ということにして育てることにした元嫁と大幹部。しかし時は流れ、大幹部は離婚(原因は嫁の浮気( ´∀` ))、そこでやけぼっくいに火がつくように大幹部と元嫁は逢うようになり、お互い再婚を夢見るようになります。

元嫁は弁護士を立てて俺氏に離婚を迫ります。理由は俺氏が自分の親ばかり大事にするからだと( ゚Д゚)唖然...そして3者の話し合いへ突入します。

弁護士「俺さんは自分の母親と旅行に行って家庭を省みなかったそうですが」 

俺「いやいや、旅行は元嫁は自分は行かないといつも拒否して、結局うちの母と義父母と娘と5人で行ってましたよ。確認してもらえればわかると思いますけど」 

弁護士「家事について」 

俺「ほとんど俺と娘がしてましたけど。娘に聞けばわかります」 

弁護士は聞いてないよ、と言った表情。夢見る乙女化した元嫁はとにかく離婚したいのか、ここで娘は俺の子じゃないと暴露。俺呆然 
 弁護士は爆弾投下にすぐさますみませんが、今回の話し合いはお開きでと 

娘が離婚調停の場で放った言葉とは...

俺氏にとって実の娘とばかり思っていた子が不倫相手の子供だったとは、ショックを通り越して頭の中は真っ白状態だったことでしょう。

しかも娘はファザコンと言ってもいいくらい高校生になった今でも"お父さん以上の人じゃナイト付き合う気にならない"とまで公言しているほどなのです。

俺氏、自分の両親に相談します。この両親は俺氏が子供の頃に離婚、母親が女手一つで3人の子を育て上げたそうです。

母親「知るか、お前の好きにしろ。つか、あの子に選ばせてやれ。まああの子はお前に似てるよ」 
と言った趣旨の実に暖かい言葉をくださりやがりました。 

ついでに母に離婚された親父にも相談 

 父親「お父さんみたいに離婚されるのも長い人生一度はあるさ。お父さんが言えるのは血は繋がってなくとも、自分たちが離婚した時みたいにどっちにつくかは子どもに決めさせてやれってことくらいだな」 

そして俺氏と元嫁は『娘に真実を話したうえで』離婚後、どちらにつくか娘に選択させることにしました。

俺氏と元嫁、大幹部の3者協議も行われたそうです。イケメンの大幹部はお坊ちゃまでロマンチストらしく、俺氏に懸命に気持ちを訴えたのです。

元嫁をいかに愛しているか、俺に対してはすまなく思ってる。こんなことしか自分は出来ないが慰謝料はちゃんと払うから、なんだったら再婚の世話もちゃんとするからと。娘には実の父親として俺の分までがんばるからと

しかし俺氏にとっては心の中は葛藤で揺れ動いていました。

娘がどちらを選ぶのか、自分を選んだとして他人の子を愛せるのかという葛藤とかいろいろあって離婚することよりそっちばっかり考えてた。

そして、いよいよ離婚調停の当日。俺氏、元嫁、大幹部、弁護士を前に娘は実に意外なことをしっかりとした口調で話しだしたのです。

娘「私はやっぱりお父さんと一緒に暮らすのが自然だと思う」 

俺と大幹部が顔を見合せてどっちの意味なんだよとやきもき 
元嫁「実のお父さんと暮らすのね」 

娘「そのようなことがあるわけないでしょう?私が今私として存在する上で必要なものはお父さんから受け継いだものばかり、私を私にしてくれたお父さんと一緒にいたいと思うことがあっても、あなたと一緒に暮らしたいと思うことはありえません」 

娘の言葉を聞いて、ああ、この怒り方は間違いなく俺の子だわと引き取ることを決意 
 娘「私がお父さんやお爺ちゃんおばあちゃんと旅行にいく時もあなたは来ませんでした。家事だってお父さんと私がほとんどしてきました」 

元嫁「それはあなたが私の作ったご飯は美味しくないって」 
娘「母親なら美味しくなるように努力すべきではないでしょうか?私はお父さんのように作れるように努力しましたよ」 

(中略)

 娘「あなたのような身勝手な人間の血が半分流れていることは唾棄すべき事実ですが、生んでくれたことには感謝しています。ありがとうございました」 
弁護士ドン引き、元嫁絶句、大幹部おろおろ、俺だけさすが俺の子、敵と定めたら容赦ねぇなと 

※長文ですので全文は以下の動画でご覧ください。

娘が本当に言ったとしたら俺氏大感激は当然、この先もこの娘なら安心ですね!

ネットの反応

・余所でも見たけどなんか気持ち悪いよなこの話
・大幹部とか大首領って言い方がオタっぽいんだよなそれさえなければまあ…って感じなんだけど普通に社長とか重役とかにしておけばいいのに
・気持ち悪いオヤジ( ;∀;)素直に受け取れない
・娘、立派過ぎる!でもオヤジは娘をエ〇ゲヒロインに例えるとは...キモイ

本来感動的な話なのですが、「俺氏」のグダグダな駄文が感動を割り引いてしまいました。ネットの反応でも表現に興ざめする意見が多かったようです。

出典:鬼嫁ちゃんねる 情報チャンネル.com YouTube 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ