若くして亡くなる人もいるから要注意!胃がんに罹った芸能人、胃がん検査の種類や費用など基礎知識まとめ!

若くして亡くなる芸能人が続いているように年齢関係なくなる人はなります!!胃がん検査の種類や費用など基礎知識まとめがこちら!!

若くして亡くなる人もいるから要注意!胃がんに罹った芸能人、胃がん検査の種類や費用など基礎知識まとめ!のイメージ

目次

  1. 1有名人が相次いで若くして胃がんで亡くなる
  2. 2胃がんは罹患数が多いが、死亡率は低い
  3. 3胃がんを早期発見するには
  4. 4ネットの反応

有名人が相次いで若くして胃がんで亡くなる

2018年7月6日、EXILEグループのパフォーマー中尾翔太さん(22)が亡くなり、2018年9月18日、格闘家・山本KID徳郁選手(41)が亡くなりました。

2人に共通するのは「胃がん」です。

早期発見ならば生存率が高い胃がん。俳優・渡辺謙やお笑い芸人・宮迫博之は共に早期発見であったため摘出手術により現在は通常の生活を送っています。

一方、逸見政孝さん(48)は発見時にはスキルス胃がんが相当進行していたといいます。2歳年下の実弟も胃がんで亡くしていたとか。

アイドル・堀江しのぶさんも23歳の若さでスキルス胃がんで亡くなっています。

胃がんは罹患数が多いが、死亡率は低い

胃がんの罹患数は現在も大腸と並んで上位にあります。

しかしかつてダントツだった胃がんでの死亡者数は、以下の図のように下がっています。

これは検査技術や手術が進歩し、生存率が高まっているのも一つの理由です。

胃がんは早い段階から、胃炎や胃潰瘍と同様の胃痛、胸焼け、黒い便といった症状がみられることもありますが、進行しても症状が全く見られない場合もあり、定期的な検査が欠かせません。

胃がんを早期発見するには

胃がんを早期発見するための検査には以下のようなものがあります。

胃X線検査

よく知られるバリウムを飲んでレントゲン撮影する検査です。検査の感度は70~90%で、異常が見つかった場合は精密検査として内視鏡検査が行われます。

胃内視鏡検査

内視鏡で胃の中を調べ、必要があれば胃の組織の一部を採取してがんかどうかの病理検査を行います。精密検査としての感度は77~89%とされています。

胃の粘膜の下にがん細胞が広がっていくスキルス胃がんは発見されにくいとか。

ペプシノゲン検査

血液検査で胃粘膜の萎縮度を調べ、異常があれば精密検査を行います。

ヘリコバクターピロリ抗体検査

胃炎・胃潰瘍・胃がんの原因となるピロリ菌に感染しているかどうかを検査します。感染している場合は抗生物質の投薬による除菌治療を行います。

バリウムを飲みたくない場合は、いきなり胃内視鏡検査(胃カメラ)をしても構いません。

胃内視鏡検査の費用の相場は、保険適用前で15000円前後が相場となっています。健康保険の自己負担が3割ならば、4500円前後となります。

異常が見つかり生体組織診断が行われる場合は16,000円前後が上乗せされます。また、その場で内視鏡治療が行われる場合は30,000円前後の費用が上乗せされるそうです。

胃がんは若くてもなりますが、男性では特に40代から死亡率が急激に高くなっていきます。

ぜひ定期的な検査を受けましょう!

検査大切ですね!!

ネットの反応

・スキルス胃がん怖すぎだわ
・バリウム飲むよりいきなり胃カメラの方がいいの?
・人間ドックで一緒に内視鏡やるのがいいぞ
・もうすぐ血液検査で初期のがんでもわかるようになるって聞いた

血液検査で13種類のがんを診断できる検査法が開発中で
2~3年後に実用化されるそうです!!

出典:まとめいく, 大鵬薬品工業株式会社

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ