【※警告】ロキソニンの副作用が危険すぎる!命に関わる!『ふざけるな』『怖すぎる』

ロキソニンの副作用が命に関わる、危険すぎると警告!怖すぎると不安が拡散しています

【※警告】ロキソニンの副作用が危険すぎる!命に関わる!『ふざけるな』『怖すぎる』のイメージ

目次

  1. 1ロキソニンの副作用!
  2. 2厚労省の発表をよく読むと・・・
  3. 3あまり、気にしなくてもいいかも知れません。
  4. 4ネットの反応

ロキソニンの副作用!

厚労省から、2016年3月に重大な副作用をもたらす薬剤が、
発表されました。その中に、ロキソニンが含まれています。

ロキソニンは、痛み止め(鎮痛薬)として、
一般的に広く使われています。それだけに、怖さが拡散しています。

厚労省が、重大な副作用と発表したのは、
「小腸・大腸の狭さく・閉塞」の症状です。

ロキソニンは、頭痛・生理痛・関節痛、歯の痛みなど、
痛み全般に対してよく使われていただけに、各方面に混乱が拡がりました。

厚労省の発表をよく読むと・・・

薬剤においては、副作用というものが、
必ずあります。記述されているのです。

厚労省としては、新たな副作用の症例を予防すべく、
「悪心・嘔吐、腹痛、等の症状が認められた場合」直ちに投与を中止して、
適切な処置を行うことを奨励しています。

「腸閉塞」に要注意すべきであると、勧告しています。

あまり、気にしなくてもいいかも知れません。

あるサイトでの指摘にもあったのですが、
一般人が、気にする副作用ではなく医療従事者が、注意する事のようでした。

ただ、一般的に薬にも飲み方がありますから、
それは、守らないといけません。ロキソニンは、飲み方があります。

ロキソニンは、胃腸系に潰瘍ができる確率が高いとの指摘があります。
ムコスタという胃薬を共に内服するのが一般的だそうです。

セレコックスが、ロキソニンに比べれば、
胃腸系副作用は低いとも言われています。

兎に角、一般人には、不明なことが多いのですから、
滅多矢鱈に、怖がる必要もありません。しかし、副作用というものは、
どんな薬剤にもありますので、医師に相談してから服用を続けて下さい。

ネットの反応

・ロキソニンは、よく飲んでるよ
・そうかぁ、副作用って、怖いんだよね
・腸閉塞になると死んじゃうだろ?
・服用の仕方や、他の内服薬との併用を医師に確かめろよ!

厚労省から、ロキソニンの副作用が、注意勧告されました。
怖がりすぎる必要はありませんが、
厚労省からの発表があったことを押さえて置いて下さい。

出典:はちま起稿 , ミクス Online , TBSラジオ FM90.5 + AM954~聞けば、見えてくる~

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ