【復讐】昔、イジメられた奴の告別式⇒タキシード&バラの花束で参列した結果・・・

昔いじめられた奴への復讐!15年後に、死んだヤツの告別式にタキシードを着て、バラの花束持参で参列した結果が衝撃!

【復讐】昔、イジメられた奴の告別式⇒タキシード&バラの花束で参列した結果・・・のイメージ

目次

  1. 1中学校でイジメの被害を受けていた男性
  2. 2中学卒業から、15年後に、イジメ加害者が死亡
  3. 3タキシード着用しバラを抱えて、告別式会場へ!
  4. 4ネットの反応

中学校でイジメの被害を受けていた男性

ある男性のお話です。この男性は、中学校時代に、
壮絶なイジメの被害に遭っていました。それは凄まじいものだったのです。

特定の同級生の一人に、苛められていたようです。
とくかく、考えられない様な事を受けていました。
殴られる、蹴られるのは、日常茶飯事でした。

お金を自宅から、持ってくる様に強制され、
親に頼み込んで、持ってくると、一緒にゲームセンターへ連れて行かれ、
そこで、殴る蹴る。そしてパシリをさせられるなどの精神的虐待がハンパなかったのです。

イジメの被害を受けていた男性は、毎日、
自殺することを考えながら、学校に通学していました。

ご両親も心配していましたが、優しいご両親のために、
「死んだら、親が悲しむ。それは辞めよう」と、必死で通学し、
何とか、中学校卒業まで、我慢しました。

中学卒業から、15年後に、イジメ加害者が死亡

その男性が、中学卒業し、15年が経過したある日のこと、
ふとしたことで、中学生の時に、イジメた奴、憎いイジメ加害者が、
死んでしまったことを知りました。

思い出したくない過去が、走馬燈の様に蘇り、
復讐劇を思いついたのです。どんな復讐劇かと言えば・・・

なんと、その死んでしまった、いじめっ子。
イジメの加害者の告別式に、タキシードを着て、参列しようと考えました。

タキシードを着た上に、バラの花束まで持参しようと決意して、
実行に移したのです。そこまで決意するのですから、心の傷は深かったのです。

タキシード着用しバラを抱えて、告別式会場へ!

常識で考えれば、故人を偲ぶ場所に、
タキシードを着ていくのはあり得ません。

一般常識を越える、凄まじい復讐劇を敢行したわけです。
当然、告別式会場では、疑念の目で、親族から迫られました。

故人の親族

(告別式会場)

「死んだ人間をバカにしてるのか?」

喪主側としては、当たり前の反応でした。
しかし、中学生時代に如何に、理不尽なイジメを受けたかを、
切々と、涙混じりに語る男性に、誰も言い返すことが出来ませんでした。

葬式へ、タキシードで参席するという非常識な行為を、
実行した男性は、その後、憑かれたものが落ちた様に、
スカッとした気分で生きていける様になりました。

ネットの反応

・葬式にタキシードで行くのは、勇気いるぞ!
・良くやったと言ってあげるよ!
・イジメた側の親族も、故人のイジメを知ってたんじゃね?
・イジメられた事は、一生、心の傷に残る。それを払いのけたんだ!

告別式にタキシード着用しバラの花束を持参するという、
凄い行動に出た男性がいました。
中学時代にイジメられた、その復讐を実行したのです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ