【衝撃】globe時代の面影は何処へ・・・病気療養中のKEIKOの姿を大公開!!そして現在の姿は!?

もうあの歌声を聴くことはできないのか・・・くも膜下出血で病気療養中のglobe・KEIKOの姿とは!?夫・小室哲哉が全てを語った!!

【衝撃】globe時代の面影は何処へ・・・病気療養中のKEIKOの姿を大公開!!そして現在の姿は!?のイメージ

目次

  1. 1小室ファミリーの一時代を作ったglobe
  2. 2病気療養中のKEIKOの現在は!?
  3. 3ネットの反応

小室ファミリーの一時代を作ったglobe

1995年8月にデビューした小室哲哉、KEIKO、マーク・パンサーの音楽ユニット・globe。

4thシングル『DEPARTURES』はダブルミリオンの228.8万枚を売上げ、『Can't Stop Fallin' in Love』『FACE』などメガヒットを次々と飛ばしました。

安室奈美恵、華原朋美、TRFらとともにglobeは「小室ファミリー」と呼ばれ、一時代を築きました。

2002年11月には小室哲哉とKEIKOが結婚。

その後、KEIKOはソロ活動を増やし、2008年に小室哲哉が逮捕されたこともありglobeは完全に活動休止状態へ。

2009年8月から活動を再開し、2010年9月にはデビュー15周年記念アルバム『15YEARS』を発売するなど活動を拡大していました。

ところが2011年10月、KEIKOが首の後部に激痛を訴えて倒れ、病院へ救急搬送。クモ膜下出血で病気療養することになりました。

病気療養中のKEIKOの現在は!?

2014年7月、小室哲哉が自身のブログにKEIKOの写真を掲載し、くも膜下出血で倒れて以来、初めて姿が公開されました!

「最近、桂子さんのリクエストで、アワビを食べに行ったときですね( ^ ^ )/」
「今のところ、2年以上たっているので、脳梗塞の危険性はかなり減っているそうです。何処か麻痺などしていないだけでも良しとしないといけないそうです」

と綴っていました。

これを見たファンからは、globe時代の面影が全くなくなっていることに驚きの声が多く聞かれました。

そして2018年1月、看護師との不倫疑惑を週刊文春に報じられた小室哲哉が音楽活動を引退。その会見で妻・KEIKOの現在について語っています。

くも膜下出血で身体的な後遺症はないものの、高次脳機能障害によりあらゆる欲を失っているそうで、音楽への興味すら失っているのだとか・・・

「夫婦として、大人としてのコミュニケーションが日に日にできなくなってきています。電話をしても、最初は1時間話していたのが10分、5分、3分とだんだん間が持たなくなって、自分も疲れ始めてしまったところがあります」

さらに記者から離婚について問われた小室哲哉はこう答えています。

「女性というよりも子供のようで、今のKEIKOのほうが愛情は深いです。離婚という大人の言葉が浮かんでこないです」

もうあの歌声を聞くことはできないと思うと寂しいですね・・・

そんな状態になっていたとは!!

ネットの反応

・くも膜下出血怖いなぁ
・週刊文春の不倫報道は何がしたかったんだ?
・安室奈美恵も引退したし、一時代が終わったね
・小室哲哉には作曲だけは続けて欲しい

病気療養中のKEIKOの症状がここまでだったとは・・・
小室哲哉も大変な苦労をしていたようですね

出典:ORICON NEWS, 音楽ナタリー

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ