【驚愕報道!】長渕剛には薬物疑惑よりも、ヤバい事実があった!その衝撃の事実とは?

長渕剛には薬物疑惑より、もっとヤバい事実がありました!その衝撃の事実を探ります!

【驚愕報道!】長渕剛には薬物疑惑よりも、ヤバい事実があった!その衝撃の事実とは?のイメージ

目次

  1. 1長渕剛と薬物疑惑
  2. 2長渕さんには、ヤバい事実がありました。
  3. 32015年のオールナイトライブが、問題だった
  4. 4ネットの反応

長渕剛と薬物疑惑

長渕剛さんと言えば、言わずと知れた大物ミュージシャン。
芸能界の内側にも長渕さんのファンは多いことでも知られています。

影響力が大きいのが、長渕剛さんです。
シンガーソングライターとして、楽曲制作やライブツアーなどが主な活動です。

長渕さんは、1995年1月(当時38歳)の時、
大麻取締法違反で現行犯逮捕された過去があります。
この事件で国生さゆりさんとの不倫関係までが、暴露されました。

その様な過去もあり、先日逮捕された清原氏との、
お付き合いも詮索されることがあるぐらいです。
残念ながら、長渕さんにも薬物疑惑がことある毎に、噂が絶えません。

長渕さんには、ヤバい事実がありました。

長渕さんには、それに加えて、まだまだ、噂がありました。
それは、お金に纏わるお話です。

2015年8月に、長渕さんが、
富士山麓で単独オールナイトライブを開催しました。

このライブで発生した数億円の赤字を何処が引き受けるかで、
揉めに揉めてしまった事実があったのです。

富士山麓で行われたオールナイトライブには、
動員10万人が見込まれていました。超大規模公演だったのです。

2015年のオールナイトライブが、問題だった

長渕さんは、懸命の前宣伝を行いました。
雑誌や新聞のインタビューや、テレビ番組出演し、大きな話題を集めました。

10万人を目指すという壮大なライブを計画したのですが、
実際には、動員の“水増し”疑惑が噂され、
チケットの実売数が7万枚程度だったのではないかと囁かれています。

このライブで主催者の赤字額は、10億円に近いものだったそうです。
長渕さんは、今後、グッズの製作やチケット販売などを、
同じ製作会社に委託する契約を結んでいたそうです。

赤字は全額、製作側が引き受けることになりますが、
長渕さんは『もうライブはやらない』と、予定を変更したのです。

製作側は、長渕さんに対して「話が違う」と、
赤字分の支払いを求めることとなったとの事です。

長渕さんは、この支払に応じませんでしたが、
「突然、赤字の一部を支払い『ライブを今後もやりたい』」と方針を変えたそうです。
その結果、製作側とは完全和解に至っています。

長渕剛さんは、自由奔放な言動が、魅力の一つになっています。
自由すぎて、周囲と深刻な問題を起こさない様に心配されています。

ネットの反応

・長渕剛は、薬物疑惑がどうしても消えない
・清原との付き合いは、事実だったから。
・自由すぎて問題起こすんだよ。
・アーティスト、ミュージシャンは変わったヤツが多いからな

長渕剛さんには、薬物疑惑に関しても、
金銭トラブル同様に無事解消してくれることお祈り申し上げます。

出典:サイゾーウーマン , もちこの気になるメモ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ