【衝撃暴露】出場者と観客が目撃した情報を大暴露!!大食い番組のヤバすぎる裏側とは・・・

出場者と観客が大食い番組のヤバすぎる裏側を大暴露!!撮影現場は観客には固く口止めさせるほどのひどい状況になっている!?

【衝撃暴露】出場者と観客が目撃した情報を大暴露!!大食い番組のヤバすぎる裏側とは・・・のイメージ

目次

  1. 1ブームが去った後、復活した大食い番組
  2. 2大食い番組の裏側を関係者が大暴露!!
  3. 3ギャル曽根は吐かずに消化していた!!
  4. 4ネットの反応

ブームが去った後、復活した大食い番組

大食い番組はテレビ東京の『TVチャンピオン』の中で「全国大食い選手権」が人気の企画となり、さらにTBSが『フードバトルクラブ』を開始して一気に大食いがブームとなりました。

ところが、2002年に愛知県内の中学で給食を早食いした中学生が窒息死する事故が発生。

この事故で両番組は放送を自粛。ブームは一気に萎んでしまいました。

しかし根強い人気から復活を望む声があり、2005年にテレビ東京は『元祖!大食い王決定戦』として復活させ、今も続いています。

大食い番組の裏側を関係者が大暴露!!

根強い人気の大食い番組ですが、その撮影現場の裏側については出場者たちが「吐いている」との噂が絶えません。

ネット掲示板に書き込みされた観客が見た撮影現場の光景は・・・

1・撮影中に無駄に撮り直しする(放送ではうまい具合に編集されている) 

2・普通にトイレダッシュしてゲロ吐いてる(1部の人) 

3・食事の置いてある机の下にはバケツが2つ用意されていて,トイレまで我慢できない人が観客の見てる中でゲロぶちまけ(この間は撮影中断) 

撮影が終わったら観戦してる客に絶対に撮影の事を他人に教えたらダメと口封じされる。

しかし本当に観客の眼の前で吐いていれば、いくら口止めしてもすぐに広まるはず。

実はトイレで吐いている出場者がいることは、大食い番組出場者の一人がブログで暴露しています。

『大食い フードファイターの裏側~摂食障害に病んで~』というブログで暴露したのは、出場時に“バイリンガル梅村”と呼ばれていた梅村鈴さん。

試合を勝ち進んでいくための、身体や胃の調整の仕方は選手それぞれ。


私は「上から出す」つまり、「嘔吐」によって、調整を行っていました。

嘔吐しずらい食材の時は、アイスクリームや、大量の水分を摂取することにより、

スムーズな浄化に努めていました

梅村鈴さんは元々過食嘔吐で、他の出場者にも同じ病気の人がいたといいます。

ただし、ルール上は途中退席や途中で嘔吐した場合はリタイアとなるそうで、競技の途中で吐くことは基本的になかったとか。

大人数が出場する予選を含めれば競技の途中で吐いてしまう人もいたかもしれません。

ギャル曽根は吐かずに消化していた!!

全ての大食い出場者が過食嘔吐というわけではありません。ちゃんと食べている出場者の一人が、バラエティ番組でもおなじみのギャル曽根です。

ある番組で食べる前と食べた後のCT画像を撮ったところ、食べた時の胃の大きさが常人とは全く違うことがわかりました。

消化能力は高いものの、吸収障害があるため栄養は残されたまま排泄される特異体質と見られています。

もったいない気がする・・・

ネットの反応

・大人数の予選だと吐いてるやつ絶対いるだろう
・大食いは摂食障害者がスターになれる世界なんだな
・ギャル曽根のCTワロタw
・大食いする人は満腹中枢も壊れてるって言うね

この裏側を知ったら大食い番組の見方が変わりますね!
摂食障害の人は大変だと思いますが・・・

出典:大食い フードファイターの裏側~摂食障害に病んで~, 健康新聞

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ