【衝撃】山本KID徳郁が患ったがんの種類が判明・・・41歳の命を奪ったがんとは!?

41歳の若さでこの世を去った総合格闘技の山本KID徳郁選手が患っていたがんの種類が判明・・・そのがんとは!?

【衝撃】山本KID徳郁が患ったがんの種類が判明・・・41歳の命を奪ったがんとは!?のイメージ

目次

  1. 141歳で亡くなった山本KID徳郁選手
  2. 2山本KID徳郁選手のがんの種類は!?
  3. 3ネットの反応

41歳で亡くなった山本KID徳郁選手

2018年9月18日、41歳という若さで亡くなった総合格闘技の山本KID徳郁選手。

死因はがんで、2018年8月26日に自身のInstagramでがん闘病中であることを告白していました。

告白からわずか23日での早すぎる死に多くの関係者・ファンから追悼のメッセージが送られました。

山本KID徳郁選手のがんの種類は!?

ネットでは、山本KID徳郁選手のがんの種類について憶測が飛び交っていました。

山本KID徳郁選手は全身に刺青を入れていたため、刺青を入れた際にB型・C型肝炎ウィルスに感染し、それが原因で肝臓がんになったのでは?との憶測があったためです。

格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行実行委員長はインタービュー取材で山本KID徳郁選手のがんの種類は胃がんであり、見つかったのは2年以上前だったと明かしています。

「最初に胃がんが見つかったのは、2年以上前のタイミングだったと思います」

さらに、目立たないように地方の病院で抗がん剤治療などを受けていたとか。

「ボクが聞いている範囲だと抗がん剤治療も何度かしましたし、その間、治療してくるよっていうことは周りに言わずに東京都内とかで治療を受けると目立ってしまうので地方に行って治療をしていた」

そして公表する半年前の2月ごろからは、グアムで末期がんの治療をする病院と自作と行き来していたそうです。

「年明けてからかなり病状が悪くなって、2月ぐらいだと思うんですけど、その後、最終的な治療の場所としてグアムに末期がんの人達の治療ですごくいい病院があるっていうことのようで、そこに治療の場を選んで。病院とグアムの中の自宅を行き来していて、その時の移動も車いすでの移動になったと聞いています」

山本KID徳郁選手が患っていたのは、進行が速くて早期発見も治癒も難しいスキルス胃がんとみられています。

人一倍食事に気を遣った生活をしていただけに、驚きの声も多く聞かれました。

ご冥福をお祈りします

ネットの反応

・タトゥーが原因で癌になったと言ってた奴おりゅー?wwww
・オーガニック野菜ばっか食べてても41歳で死ぬのか・・・
・長生きの秘訣はストレス溜めない事だから
・ガンに神経質な人ほどガンになるよね

刺青を入れていると、MRIなどの検査を断られる場合があります
そのため検査から遠ざかり発見が遅れる可能性は高くなるとか・・・

出典:スポーツ報知, 時代を先取るトレンド

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ