【地震の恐怖】33万人の死亡予測!南海トラフ地震発生までカウントダウン?驚愕の事実!

33万人が死亡する!南海トラフ地震発生の被災予測!地震発生までカウントダウンか!驚愕の事実です

【地震の恐怖】33万人の死亡予測!南海トラフ地震発生までカウントダウン?驚愕の事実!のイメージ

目次

  1. 1南海トラフ地震とは?
  2. 2南海トラフ地震、過去の事例
  3. 333万人の死亡が推測されている
  4. 4ネットの反応

南海トラフ地震とは?

駿河湾から遠州灘、熊野灘、紀伊半島の南側の海域。
そして、土佐湾をから日向灘沖までのフィリピン海プレートと、
ユーラシアプレートが接する区域を「南海トラフ」と呼んでいます。

この南海トラフ沿いのプレート境界で、
プレートが地下に引きずり込まれて、ひずみが蓄積されます。

ひずみが限界に達したときに地震が起きます。
これが「南海トラフ地震」です。下図の①→②→③が繰り返されるのです。

南海トラフ地震、過去の事例

宝永地震(1707年)では駿河湾から、
四国沖の広い領域で同時に地震が発生しました。

安政東海地震(1854年)では、隣接する領域で地震が続発しています。
その32時間後に安政南海地震(1854年)。

昭和東南海地震(1944年)では、
2年後に昭和南海地震(1946年)が発生しているのです。

33万人の死亡が推測されている

南海トラフ地震は、
約100~150年間隔で繰り返しされてきた大規模地震なのです。

前回の南海トラフ地震が、1944年と1946年ですので、
70年以上が経過しています。

その様な事から、次の南海トラフ地震発生が差し迫っているのではないかと、
心配されています。

今後、南海トラフ地震が発生した場合、
33万人の死亡を予測するデータがあるのです。

ネットの反応

・地震発生を予測するのは、困難だ。
・巨大地震が日本列島の何処で発生してもおかしくない。
・直下型という、恐怖地震もあるぞ!
・南海トラフ地震は気象庁のサイトに詳しく出てる

南海トラフ地震は、過去に繰り返し発生しています。
それだけに、次の地震発生が差し迫っている可能性が高いのです。
巨大地震により、多くの死者が出ないことを祈っています。

出典:気象庁 | 南海トラフ地震について , MISERU(ミセル) , Wikipedia (ja)

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ