【驚愕】篠田麻里子はAKB「卒業」ではなく「クビ」だった?篠田麻里子の最低な行為に秋元康もガチギレ!?

AKBを卒業したはずの篠田麻里子は、実はクビだった?秋元康を怒らせた篠田麻里子の最低な行為とは・・・

【驚愕】篠田麻里子はAKB「卒業」ではなく「クビ」だった?篠田麻里子の最低な行為に秋元康もガチギレ!?のイメージ

目次

  1. 1篠田麻里子はAKB48を解雇された!?
  2. 2ネットの反応

篠田麻里子はAKB48を解雇された!?

AKBグループでは、人気メンバーも「卒業」という形でグループを去るのが当たり前となりました。

2012年8月にセンターの前田敦子が卒業し、2013年には河西智美、篠田麻里子、板野友美、秋元才加ら選抜回数の多いメンバーが卒業していきました。

2015年12月に行われたAKB48劇場のオープン10周年を記念したイベント『AKB48劇場オープン10年祭』には、その卒業メンバーたちも集合し、現役メンバーとともにイベントを盛り上げました。

しかし、この中には卒業ではなく、AKBの運営からクビを言い渡された者がいるといいます。

「2013年に卒業した篠田麻里子ですよ。同年6月に行われた選抜総選挙で『1つの決断をしようと思いました』と卒業宣言し、翌月のコンサートをもってグループを卒業した篠田ですが、実は運営サイドから解雇を通達されていたんです。前年の総選挙では、後輩たちに向かって『潰すつもりで来てください』と見栄を切り、『心強い後輩が出てきたならば、私は笑顔で卒業したいと思っています』としていた篠田ですが、その翌年にあっさりと卒業してしまった原因は、ほかならぬ“クビ”だったためです」(AKB運営関係者)

2010年の『AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会』で優勝したセンターを務め、『AKB48・2013真夏のドームツアー』の福岡ドーム公演の2日目に卒業セレモニーまで行われた篠田麻里子がクビだった!?

AKB48劇場内カフェ勤務をしていた時、秋元康の打診を受けて正規メンバーになった篠田麻里子。

秋元氏から窪田康志AKS前社長ら、運営サイドの上層部・トップ陣営から寵愛を受け、食事に行くほどの仲だったそうですが・・・

「しかし、そこで彼らがついしゃべってしまった機密事項を、篠田はほかのメンバーやスタッフに言いふらしてしまったそうなんです。そのことが問題視されるようになり、何度か篠田本人も注意を受けたようですが、その悪癖に改善はなく、所属のサムデイや直属のバーニングプロダクションとも調整を行った結果、強制的に卒業させられることになってしまいました」

秋元康ら上層部の人たちを怒らせてしまったのが原因だったようです・・・

それでもバーニング事務所にいる間は安泰かもしれません。

これは自業自得!?

ネットの反応

・年齢的に定年だったんじゃねwww
・そもそも卒業なんて、解雇みたいなもんだから。
・いつまでもしがみついてちゃダメだよ
・秋元康は飽きっぽいからな

AKB卒業後は仕事がなくなる人が多いですが
事務所の力もあって仕事が多い方です

出典:サイゾーウーマン, NAVER まとめ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ