10年間、子犬工場の檻の中で子犬を出産させられたチワワ。用済みになって捨てられた姿に涙が止まらない・・・

10年間、パピーミルで子犬を産むために働かされたチワワのハーレー。用済みになって捨てられた姿があまりにも切ない・・・

10年間、子犬工場の檻の中で子犬を出産させられたチワワ。用済みになって捨てられた姿に涙が止まらない・・・のイメージ

目次

  1. 1パピーミルで10年間子犬を出産させられたチワワのハーレー
  2. 2パピーミルの存在を世の中に伝えた
  3. 3ネットの反応

パピーミルで10年間子犬を出産させられたチワワのハーレー

「パピーミル」とは「子犬工場」を意味する言葉です。営利目的で犬などのペットを大量繁殖させる悪質なブリーダーを指します。

チワワのハーレーは、オクラホマ州のパピーミルで10年間を過ごしました。

10年間に渡って子犬を出産させられ続けたハーレーは、その間に片目を失いました。

それだけではありません。心臓疾患があり、尻尾は傷つき、狭い檻の中で過ごしていたために脚も変形していました。

そして子犬を出産することが出来きなくなると、用済みとなったハーレーはゴミのように捨てられました。

捨てられたハーレーを保護したのは、ルディさんとテイラーさん。

パピーミルの存在を世の中に伝えた

保護されてからのハーレーは、パピーミルの存在を世の中に伝えるための活動をしました。

多くのメディアがハーレーのことを取り上げ、イベントにも参加してパピーミルの問題を提起し続けました。

その結果、2015年には「アメリカンヒーロードッグ」と呼ばれる存在に!

しかし2016年3月、ハーレーは体調が悪化して15歳でこの世を去りました。

ルディさんとテイラーさんの友人・メアリーさんはこう語っています。

「彼は苦しむことなく、彼のパパとママの愛に囲まれて安らかに眠りについた」

命がけでパピーミルの問題を世に知らしめたハーレー。偉大なヒーロードッグとしてこれからも語り継がれることでしょう。

この姿を見ると心をうたれます・・・

ネットの反応

・日本にもパピーミルは存在してるよ
・パピーミルで生産された子犬を買って、大きくなったら捨てるやつもいる
・ハーレーくん、安らかに!
・繁殖犬はパピーミルで生まれて売られる子犬たち以上に可哀想

これはペット産業の闇ですね・・・
ペットショップで買う時には、疑問を持った方がいいのかもしれません

出典:Petfun, キットと歩こ、シアトル”いろいろ”ストリート。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ