【大炎上】「調子に乗りすぎ!」「あざとすぎ!」“プロ子供”とまで言われる寺田心に批判殺到!

あざとすぎるのが鼻につくのか・・・“プロ子供”とまで言われる人気子役・寺田心くんがネットで大炎上する理由がこちら!!

【大炎上】「調子に乗りすぎ!」「あざとすぎ!」“プロ子供”とまで言われる寺田心に批判殺到!のイメージ

目次

  1. 1芦田愛菜に憧れて芸能界に入った寺田心くん
  2. 2あざとすぎて炎上!?
  3. 3ネットの反応

芦田愛菜に憧れて芸能界に入った寺田心くん

芦田愛菜に憧れて芸能界に入り、3歳から子役として活動している寺田心(てらだ こころ)くん。

2015年のTOTOネオレストのCMのリトルベン役が話題となり、お茶の間でよく知られる存在となりました。

2016年のドラマ『OUR HOUSE』では憧れの存在・芦田愛菜と共演。

NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演するなど、人気子役として大活躍しています。

あざとすぎて炎上!?

天才子役として引っ張りだこになっている寺田心くん。共演者への挨拶回りもしっかりしていて、礼儀正しいことでも知られています。

しかし、ネットではそれがあざとく感じられるのか、反感を持つ人たちもいて炎上になることも・・・

その一つが、オーストラリアのロックバンド「ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(通称5SOS)」のファンクラブイベントに出演した時の炎上でした。

5SOSを真似たキッズバンド「ミニ・セカンズ・オブ・サマー」のメンバーの一人として登壇した寺田心くんが炎上したのです!

「なんで寺田心が出てくる必要があったわけ?」
「寺田心くんのパフォーマンスが長すぎ…早く引っ込んでほしかった」
「寺田心の5SOSのコスプレが許せない」

5SOSのファンにとっても必要のないパフォーマンスだったようで、ネットでは「ウザイ」の大合唱。

ネットでは“プロ子供”などと揶揄されるようになっている寺田心くん。ある芸能関係者は、反発が増えた理由を次のように語っています。

「当初は可愛らしいと評判でしたが、異常なまでの礼儀正しさや子供らしからぬ受け答えに『あざとい』と感じる視聴者が増えた。あそこまで徹底したしつけは、本来の子供らしさとは真逆で不気味さを感じさせます。いまだに中高年層には『理想の孫』としてウケがいいのですが、若者層からの好感度は明らかに落ちている。あのキャラクターは周囲の大人たちが作り上げたもので、決して本人のせいではないのですが……」

まるで「理想の子供」を演じているかのように感じられてしまったのかもしれません。

本人は一生懸命にやってるだけなんででしょうけどね・・・

ネットの反応

・寺田心はあの声がイラッとするのはおれだけ?
・小さい子供が子供の演技をしている様に見えてしまうわな
・芦田愛菜プロの適度さは別格だったんだな
・こういうイベントに呼べば話題になると思ってる奴らが悪い

素の姿はもう少し子供らしさを見せて欲しいですね!
出演はドラマとCMだけにした方が良かったのかもしれません。

出典:エキサイトニュース, 2ch.sc

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ