【感動】週3回スターバックスへ通う障がい者男性が、店員に渡されたメモに号泣!

週に3回スターバックスへ通っている障がい者男性!その男性は店員に渡されたメモを見て号泣した!

【感動】週3回スターバックスへ通う障がい者男性が、店員に渡されたメモに号泣!のイメージ

目次

  1. 1週に3回、スターバックスへ
  2. 2女性店員の手渡したメモとは?
  3. 3女性店員は手話を習っていました。
  4. 4ネットの反応

週に3回、スターバックスへ

聴覚障害を持っている男性が、
週に3回、スターバックスへ通っていました。

その男性は、アメリカのバージニア州に住む、
Ibbyさんです。

ある日、Ibbyさんが、スタバを訪れたときのこと。
注文をしようしたIbbyさんに、一人の女性店員がメモを手渡しました。

女性店員の手渡したメモとは?

この女性店員の気遣いに、Ibbyさんは感動しました。
そして、ご自身のFacebookに以下のように書き込んでいます。

女性店員は手話を習っていました。

このIbbyさんの通うスタバの女性スタッフは、
意思の疎通を図るために、手話を習っていたのです。

Ibbyさんは、とても感動して次のようにコメントしています。

「自分のために手話を勉強してくれた彼女の気持ちに感激した」

このスタバの女性店員さんの気遣いに、
全米が、感動したと伝え聞いています。

ネットの反応

・アメリカにだって、心優しい人はいるんだな。
・スタバを見直したよ。
・聴覚障害の辛さに負けず、生き抜いて欲しいぞ!
・思いやりの優しさが、提供されるコーヒーの味に、加味される!

アメリカのスタバで起きた、心暖まるお話です。
聴覚障害のお客様へ、少しでも意思の疎通を図ろうとした女性店員さん。
万国共通の、優しい気遣いに、心がほっこりしています。

出典:捨てる神あれば、拾う神あり , grape [グレイプ]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ