【注意喚起】『ロキソニン』の使用法を誤るととんでもなく危険な事に!※国からの緊急警告あり

鎮痛剤として有名なロキソニンは使用法を誤るととんでもない副作用があるそうです。説明書にも載っていますし、厚生労働省からも安全について資料が発表されています。その副作用とは...

【注意喚起】『ロキソニン』の使用法を誤るととんでもなく危険な事に!※国からの緊急警告ありのイメージ

目次

  1. 1『ロキソニン』に重大な副作用が追加された
  2. 2ロキソニンとはどんな薬?
  3. 3以前から副作用はあったロキソニン
  4. 4追加された重大な副作用について
  5. 5まとめ
  6. 6ネットの反応

『ロキソニン』に重大な副作用が追加された

2016年3月22日厚生労働省は解熱鎮痛薬「ロキソプロフェンナトリウム水和物」へ重大な副作用の追記項目の指示を出しました。

その追記項目とは「小腸・大腸の狭窄・閉塞」です。果たしてロキソニンは安全なのか?俄かにネットでも副作用について取り上げられました。

結論から言うと以下のような見解が医療関係者の間で認識されています。

ロキソニンは副作用の存在を知った上で、それより有益と思われるならば使用する。

そして今回の「重大な副作用」の追加は、その副作用の発生頻度の点から、これまで飲んでいた人が飲むのをやめる必要はないし、これまでよく処方していた医師が処方をためらう必要もないと考える。

副作用の追記項目がされたといってロキソニンを敬遠する必要はなさそうです。

ロキソニンとはどんな薬?

「ロキソニン」は鎮痛剤として広く普及している薬です。頭痛、生理痛や関節痛など様々な症状に処方されています。

[ロキソプロフェンナトリウム水和物]は、三共株式会社(現 第一三共株式会社)が開発した非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)で、1986年に医療用医薬品「ロキソニン」として承認を取得、発売され、すぐれた有効性と安全性で長年にわたり国内で汎用されています。

開発されてから30年以上も医師によって処方されてきた鎮痛剤『ロキソニン』は、なぜ痛み止めとして効き目があるのでしょうか?

人には痛みを感じる痛み物質というものがあります。例えば足の骨が折れた時、激痛を脳が感じます。それを感じさせる物質が痛み物質なのです。

そして骨折箇所の周辺では炎症が起こり、腫れ上がり熱も上昇します。このような炎症が起こると痛み物質は大量に放出され、脳は痛みを感じると同時に体温が上昇します。

ロキソニンはこのような『痛み物質』を抑える作用があります。だからロキソニンは炎症を起こすような体の痛み全てに効くと言われているのです。熱も下がり腫れも引くので消炎鎮痛剤と言われています。

以前から副作用はあったロキソニン

ロキソニンは以前から副作用はある薬として使用されてきました。今まで確認された副作用は以下の通りです。

副作用:276 例 437 件

発疹 24 件、浮腫 23 件、悪心 22 件など

うち重篤な副作用:14 例 18 件(うち死亡1例1件)

特に消化管の障害(胃潰瘍や十二指腸潰瘍など)、腎臓の障害などが見受けられたそうです。ロキソニンの添付文書にも以下の様な副作用例が記載されていました。

総症例13,486例中副作用の報告されたものは409例(3.03%)であった。その主なものは、消化器症状(胃部不快感、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振等2.25%)、浮腫・むくみ(0.59%)、発疹・蕁麻疹等 (0.21%)、眠気(0.10%)等が報告されている。

それでもロキソニンが使われ続けてる理由は、鎮痛効果の強さです。しかし、今後ロキソニンのような強い鎮静剤は減少していくのではないかと言われています。

ある外科医は以下のように述べています。

アセトアミノフェンの用量上限が上がったことや、来るべき凄まじい高齢化でNSAIDsによる副作用は目立ってきており、医師の中でもゆっくりとNSAIDs回避の雰囲気を感じている。高齢者にも安心して処方できる、「キレのいい」ロキソニン代替の鎮痛剤の開発が待たれる。

追加された重大な副作用について

今回、厚労省がロキソニン及び同じ効果の薬に対して以下のような『重大な副作用』を追加しました。

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[副作用]の「重大な副作用」の項に

 「小腸・大腸の狭窄・閉塞:

  小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、観

  察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場

  合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。」

を追記する。

つまり腸閉塞が発症する危険があるというのです。しかしその危険は専門医の間では極めて低い確率であると決定づけられており、臨床現場の医師の間では「何をいまさら」感が強いそうです。

よってこの重大な副作用の追記が、医師の処方態度に影響を与えることはないと言えます。

おそらく小腸潰瘍や大腸潰瘍が繰り返され治癒する過程で狭窄を起こしたのではないかと推察されるが、それにしても極めて頻度の低い副作用である。上述したようにロキソニンの年間の推定使用患者数(延べ数)は4,500 万人~4,900 万人だそうだから、その三年間のうち6人となると単純計算でも1億分の1以下となり、何千万分の1と言われる宝くじの当選確率より低い確率だ。

まとめ

当たり前の事ながら薬は、医師や薬剤師のいう事をきちんと守って飲むことが絶対大切です。空腹状態でロキソニンを飲んだ場合の危険性は以前から指摘されています。

ロキソニンが消化器系の副作用を伴うことは、これまでにも知られてきた。

 この副作用はロキソニンが効くメカニズムに関係する。ロキソニンに代表されるNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)は、炎症を引き起こす「プロスタグランジン」という物質の生合成を抑制することによって痛みや発熱を抑える。

 その一方で、プロスタグランジンは、実は胃腸の粘膜を保護する働きもしている。つまり、プロスタグランジンの生成を抑えてしまうと胃腸のバリア機能も弱くなり、粘膜が荒れやすくなるのである。

 病院でロキソニンを処方される際には、空腹で飲まないように指示され、「ムコスタ(一般名:レバミピド)」などの胃薬を一緒に処方されることが多いのはそのためだ。

多くの医師はロキソニンは安全か?と問われれば以下のように答えるでしょう。

「副作用の存在を知った上で、それより有益と思われるならば使用する」

あらゆる薬には副作用がつきものです。それをよく理解し、医師とよく相談することをお勧めします。

今回の「重大な副作用」は発生頻度から深刻に心配する必要は無く、医師も処方をためらう必要はないという事です。

ある医師は「クスリはリスク」と言われてました。肝に銘じましょう。

ネットの反応

・厚労省も少しでもリスクがあるから追記したのだろう、万一のために。
・市販薬として買ったロキソニンを自己判断で服用することが危ないという事か
・そこまで痛みを覚えたことないのでロキソニンについてよく知らなかった
・炎症を抑えるんだからクスリとしてかなり強いものなんだろう

薬の服用は素人判断せず必ず医師に相談しましょう。ロキソニンの重大な副作用が頻度が極めて低いと聞いて安心しました。

出典:YAHOO!JAPANニュース BusinessJournal 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ