【涙腺崩壊】いじめ自殺した娘の日記を読んだ母親。日記の最後に記されたいじめの犯人に母親は言葉を失った・・・

いじめを苦に自殺した娘の日記を読んだ母親は、日記の最後のページに記されたいじめの犯人を見て愕然とした・・・

【涙腺崩壊】いじめ自殺した娘の日記を読んだ母親。日記の最後に記されたいじめの犯人に母親は言葉を失った・・・のイメージ

目次

  1. 1いじめ自殺した娘の日記に記されていたのは・・・
  2. 2生徒児童の自殺は減りつつあるが・・・
  3. 3ネットの反応

いじめ自殺した娘の日記に記されていたのは・・・

いじめの問題がニュースになり、対策が進められていますが、いじめを苦にした自殺は起き続けてています。

あなたはいじめの問題をどう受け止めているでしょうか?

今回ご紹介するお話は、14歳の娘をいじめ自殺で亡くしたお母さんのお話です。

中学に入学してからずっといじめを受け続けていた娘に気付けなかったお母さんは、亡くなった後に娘の日記を読んでいじめの全容を知ることになります。

そして最後のページに書かれていたのは・・・

全ては以下の動画でご覧ください!!

いじめていたのはクラス全員・・・

それより酷いのは、訴えても取り合わず、見て見ぬふりを続けた先生たちでした!

生徒児童の自殺は減りつつあるが・・・

学校側がいじめの隠蔽や責任逃れをした大津市中2いじめ自殺事件をきっかけに2013年6月に与野党の議員立法で「いじめ防止対策推進法」が成立しました。

文部科学省が発表した児童・生徒の自殺者数(未遂を除く)は、平成10年度から減少傾向にありますが、平成に入ってから横ばいの状況です。

児童・生徒数が減少していることから考えれば、良くなったとも言い切れません。

親・先生がいじめを認識できず、児童・生徒が自殺する事例は今もなくなっていません。

さらなる制度の改善が求められます。

イジメカッコ悪い

ネットの反応

・こんなクズがよく教師になったもんだ
・大津市のイジメ自殺のことがあるからなー
・こういう事が報道される度に加害者と学校関係者に対し殺意がわいてくる。
・学校側は絶対に非を認めないからな

「いじめ防止対策推進法」が成立してもまだまだ良くなっていません
いじめ自殺のような最悪のことがないようになって欲しいです

出典:Youtube, 文部科学省

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ