【驚愕】婚約者・実家に結婚の許可を貰いに行った!いきなりお茶をかけられた結果・・・

婚約者の実家に、結婚の許可を貰いにいった時、いきなりお茶をかけられた男性が、憤慨した結果・・・

【驚愕】婚約者・実家に結婚の許可を貰いに行った!いきなりお茶をかけられた結果・・・のイメージ

目次

  1. 1結婚の挨拶に女性の実家へ出向く!
  2. 2女性のお父さん、激怒!
  3. 3お茶をかけられた男性・・・
  4. 4お茶をかけられた男性は、結婚を断念した!
  5. 5ネットの反応

結婚の挨拶に女性の実家へ出向く!

ある男性の経験談です。大変な修羅場と言えます。
お付き合いをしている女性と結婚しようと、女性のご両親に挨拶に、
ご両親のご実家に行きました。その時から、問題が勃発です!

娘を持つ父親というのは、
とても、娘の結婚相手にナーバスになるようです。世間一般の話です。

女性のお父さん、激怒!

「絶対に娘は、嫁にやらない」という父親が多いのも、
日本人の特徴のようです。

娘とは言え、父親の所有物ではありません。
結婚するのは、娘さんの自由意志なのです。
その辺が、娘を可愛い余りに、ワガママで、理解出来ていません。

お茶をかけられた男性・・・

結婚の挨拶に、女性の実家に行った場合、
お父様に、「娘さんを私に下さい。」「娘さんと結婚させて下さい。」
「必ず、娘さんを幸せにして見せます」などと定番の挨拶があります。

結婚しようとする女性のお父様への、
挨拶をするのは、当たり前のことです。

それに対して、今回お話しする女性のお父様は、
あまりにも、上から目線で対応してしまいました。

「娘は、お前にはやらん!」と、断言し、
頭を下げている男性に、お茶をぶっかけてしまったのでした。

お茶をかけられた男性は、結婚を断念した!

結婚しようという気持ちが強くなって、
ご両親に挨拶に行った先で、お茶をぶっかけられてしまいました。

それは、女性のお父様としては、
せめての抵抗だったのです。それは、分からない事ではありませんが・・・

挨拶に来た男性を罵ったりするのは、
良くあることです。それでは収まらず、お茶をぶっかけたのです。

売り言葉に買い言葉とは、このことでしょう。
男性は、「では、結婚は破談にします。無かったことにして下さい。」
その様に、言ってしまいました。

確かに、結婚する前に一言言っておきたいという、
嫁となる父親の気持ちは、理解出来なくもありません。
しかし、お茶をかけるのは、相手の心情を考えれば、あり得ないのです。

男性は、熟慮の末に、結婚することを断念しました。
今後、長い人生で、どんな横やりがあるか、想像しただけで、
怖くなったのでしょう。

娘を大事に想う気持ちを超えている

この父親の、お茶をぶっかけた行動。
娘を思う気持ちを超越しすぎています。男性の親族も、
皆がブチ切れてしまったほどです。

娘を大事に想う気持ちは大事ですが、
逆の事を思えば、相手に対して、人権を無視した行動は、
取れるものではありません。

娘の幸せを想う気持ちと、
男性との今後の付き合いなどを考えて、対応しないと、
娘さんは、ご結婚することはとても困難だと、考えられる事例でした。

ネットの反応

・そういうお父さんが、娘を不幸にするんだよね。
・娘を思う気持ちと考えてるが、自分の体面が大事なんだよ
・父親って、娘を自分の持ち物と勘違いしてるしな
・娘の幸せを願えば、相手の男に、不躾なことは出来ないはずだぞ!

結婚の挨拶で、女性の実家に行くのは、男性も負担が大きいのです。
その男性に、あまりにも非礼なことをするのは、人間として疑われてしまいます。

出典:メディアplus+ , おにひめちゃんの監視部屋-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ