【最悪の結末】結婚式のサプライズ!落とし穴に、新郎新婦が嵌まり大爆笑する予定だった!

結婚式のサプライズで、落とし穴を作成!新郎新婦が嵌まって、大爆笑の予定が、最悪の結末に!

【最悪の結末】結婚式のサプライズ!落とし穴に、新郎新婦が嵌まり大爆笑する予定だった!のイメージ

目次

  1. 1結婚式のサプライズを計画
  2. 2事故の状況は?
  3. 3裕樹さんのご両親が、訴訟を起こす
  4. 4この訴訟の判決は?
  5. 5ネットの反応

結婚式のサプライズを計画

新婚のラブラブカップルに、まさかの事態が起こってしまいました。
事故があったのは、2011年の8月でした。

石川県かほく市の海岸で、悲しい事故は起こっています。
金沢市湖陽の出村裕樹さん(23歳)と、妻の里沙さん(23歳)が、
お亡くなりになってしまったのです。

裕樹さんを驚かそうと、妻の里沙さんが、
友人の方達とスコップで砂浜に掘った穴に落下したのです。

お二人が落ちた穴は、約2メートル40cm四方、
深さ約2メートル50cmもの大きな穴だったのです。

事故の状況は?

お二人は、頭から真っ逆さまに落ちたようです。
砂だけでなく、穴の周囲からも崩れてきた大量の砂に埋まってしまいました。

穴を掘った友人の方達が、落下する際の、
叫び声を聞いて、駆けつけ、慌てて通報しましたが、
間に合いませんでした。

発見時、お二人は、足を砂から出している状態だったと、
警察関係者からの話にありました。

直ぐに、救出出来ず、約1時間後に、
窒息死が確認されたのが、事故の大まかな実際です。

裕樹さんのご両親が、訴訟を起こす

この亡くなった出村裕樹さんのご両親が、翌年の2012年10月、
「死亡する可能性が予測出来た」と、訴訟を起こしていました。

この落とし穴を掘ったのが、裕樹さんと一緒に穴に落ちた、
妻の里沙さんです。この里沙さんの賠償責任は、
里沙さんの両親が相続していると、訴えたのです。

この訴えに対し、妻の里沙さんのご両親と、ご友人たちは、
次のような見解を述べていました。

弁護側

(見解)

「(裕樹さんは)穴の存在に気づきながら、あえて落ちた」

「穴の底には安全性を確保する緩衝材を敷いていた」

「転落して死亡する事は、予測できなかった」

この訴訟の判決は?

この事故で、石川県警は2011年12月、
亡くなった妻の里沙さん、友人6人を重過失致死、
および海岸法違反の疑いで書類送検しています。

そして、金沢地検は2012年1月に、
不起訴処分(妻は被疑者死亡、友人6人は起訴猶予)と判断したのです。

ネットの反応

・嫁の親が悲惨だよね。亡くなった上に損害賠償って!
・悲惨な事件だ。サプライズで、命を無くしたわけだから。
・サプライズで殺されたのが、哀れだな
・ハッキリ言って、やり過ぎは、事故を招くって事なんだよ

この落とし穴のサプライズの事例は、一つの教訓です。
喜ばそうとしても、やり過ぎると、大きな過ちに繋がります。
サプライズにも程度があります。ご注意願います。

出典:2ちゃんねる , 知識の泉 Haru’s トリビア

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ