【驚愕】バカ親が我が子の悪戯を『大目に見てくれ!』と懇願⇒オレ『314万円請求!』

我が子のヒドい悪戯を見て、バカ親『大目に見てくれ!』と要請!⇒オレは『314万円請求します!』と!

【驚愕】バカ親が我が子の悪戯を『大目に見てくれ!』と懇願⇒オレ『314万円請求!』のイメージ

目次

  1. 1身内の子供に、所有物を壊された!
  2. 2ご自宅の、自室がメチャメチャに破壊された!
  3. 3ヤクト・ミラージュ、銀英伝(BDセット)も、被害に・・・
  4. 4はとこ(再従兄弟)に、314万円を請求。
  5. 5ネットの反応

身内の子供に、所有物を壊された!

とても悲惨な出来事。身内の事だけに、
身につまされる、お話をネット掲示板から、拾ってきました。

そのお話は、ある男性のお祖母様の告別式が、
悲劇の発端となりました。

その男性のお祖母様は、享年111歳だったそうです。
ご長寿、大往生で、しめやかに、告別式が行われました。

その男性は、世に言うオタクっぽい方だったのです。
それだけに、大事にしているものが沢山ありました。
大事な物を、壊される事態が起こるとは、夢にも思いませんでした。

ご実家が、葬儀会場に近かったせいで、休憩所や、
遠方のご親戚の宿泊場所となっていたのです。

告別式が昼間に行われ、行事を済ませて、
後片付けをして、ご自宅に帰宅して、悄然としました。

ご自宅の、自室がメチャメチャに破壊された!

ご自宅に帰宅して、男性が、自室へ入って寛ごうとして、
驚愕の現実が、目に入ってきたのです。

自室に保存してあった、プラモデルにフィギア、
そして、DVDやブルーレイが、ほぼ全壊状態になっていたのです。

その犯人は、はとこ(再従兄弟)の息子でした。
もう、10歳になっている大きな子供が、壊したのです。

男性は、もしものことを想定し、自室には鍵をかけて、
出かけたのにもかかわらず、鍵を壊して、侵入し、
男性の宝物を次から次へと破壊していたのです。

ワガママ一杯で、甘やかされた育てられたと聞きましたが、
それでもヒドすぎました。あまりの惨状に、男性はその場で涙ぐんだほどです。

ヤクト・ミラージュ、銀英伝(BDセット)も、被害に・・・

フィギアや、プラモデルなど、大事な物ばかりでした。
なかでも、ボークス HSGK ヤクトミラージュは、
マニアックなもので、希少性もあり、とても高価なのです。

ヤクト・ミラージュ

ボークス HSGK ヤクトミラージュ

そして、銀英伝(銀河英雄伝説)のブルーレイボックスなどは、
とても入手困難で、価格も恐ろしいぐらいかかっていました。

その他、プラモやフィギュアは、破壊されたのが、
数知れず、合算してみると、被害額は、400万円をくだりません。

はとこ(再従兄弟)に、314万円を請求。

はとこ(再従兄弟・再従姉妹)と言えば、
祖父母の兄弟姉妹の孫に当たります。そのはとこの息子ですから、
遠縁ですが、親族に違いありません。

それだけに、強い姿勢に出にくい状況です。
しかし、男性はオタクなので、人生をかけた宝物なのです。

誠意を示して貰おうと、話し合いになりました。
その席ではとこは、子供のしたことだからと、有耶無耶にしようとしたのです。

はとこ(女性)

(母親)

「ごめんね~子供がちょっと壊しちゃったみたいで~」

その瞬間、男性の頭の中で、「プチッ!」と、
何かがキレてしまいました。

男性

(被害者・オタク)

「ふざけるなよ!」

「10歳にもなって、よその家で、
暴れまくり、壊したんだぞ!」

「400万円払って貰うからな!」

再従姉妹のご主人さんも、話し合いの席に着き、
あまりの破壊振りに、息子のやったこととは言え、
申し訳ないと平謝り。

親族なので、出来るだけ穏便に。という、周りの意見もあり、
被害に遭った弁償に、314万円を受け取ることで、和解したそうです。

それ以降、この男性は、誰も自宅に宿泊させることは、
ありませんでした。ひっそりと、オタクの趣味を続けたと言う事です。

ネットの反応

・子供とは言え、とても許せない!
・親が弁償するのは、当たり前。
・だが、親の身になってみろ。許して欲しいと思うだろ!
・親族だからと、許して貰いたい気持ちも分からんではないがな

10歳の子供が、起こした物損事件。損害額が400万円超!
責任を取るのは、親になります。弁済額、314万円で話が付きました。

出典:はーとらいふ , Wikipedia (ja)

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ