【テレビ業界の闇】マジなの?『24時間テレビ』の闇が深すぎる!制作の裏側4選!

マジなのか!『24時間テレビ』の闇が深すぎる!こんなことがあっていいのか!制作の裏側4選!

【テレビ業界の闇】マジなの?『24時間テレビ』の闇が深すぎる!制作の裏側4選!のイメージ

目次

  1. 124時間テレビ「愛は地球を救う」
  2. 2『24時間テレビ』の制作の裏側!
  3. 3ネットの反応

24時間テレビ「愛は地球を救う」

24時間テレビ「愛は地球を救う」は、1978年から毎年8月に、
生放送で放送される、チャリティー番組です。

チャリティー番組だから、清潔に、クリーンに制作されていると、
思っていましたが、なんだか、裏側はドロドロしているらしいのです。

その裏側を制作側の対応を含めて、
密着して、調べましたので、お届けします。

『24時間テレビ』の制作の裏側!

2018年8月の、『24時間テレビ』で、みやぞんさんが、
トライアスロン・100kmに挑戦することが決まった時、
さすがに、「酷すぎる」との声が挙がったのが記憶に新しいです。

何かと、胡散臭さを感じさせる番組でもあります。
偽善の臭いがすると、批判する人も少なくありません。

1.チャリティー番組だけど、ギャラ発生の矛盾

萩本欽一さんは、66歳で、70キロのマラソンにチャレンジしました。
その際に、周囲に漏らした言葉があります。

『だって、ギャラがいいんだよ。(指を2本立てて)コレだもん』

指2本は、2000万円でしょう。多過ぎませんか?

2.CM収入が、巨額!

CMの収益が巨額と言われています。
チャリティー番組というと、クリーンなイメージが先行しますから、
スポンサーが付きやすいという事情もあるようです。

CM収入の合計が22億2750万円

3.ヤラセ疑惑があります

マラソンについても、感動させるように、
ワザとらしいとの、評判もついて回っています。

番組の終わる、丁度の時刻にゴールするなんて、
どう考えてもおかしいのです。計画通りに運ぶわけはありません。

脚を痛めたり、痛そうに走りますが、
普通の一般ランナーだと、問題ない距離を、時間をかけて走っています。

4.ジャニーズ押しが酷すぎる!

大きな影響力を持つ、芸能プロダクション。
その事務所の思惑と、熱狂的なファンを持つタレントを起用することで、
募金額を多くしたいテレビ局の、裏工作が透けて見えています。

この様な、舞台裏を想像しながらも、
目先の感動ドラマに、負けて、毎年ヒューマンなネタに、
視聴率獲得を実現しているのが、この24時間テレビです。

舞台裏を、見聞きすると、感動が薄らぐのも事実です。
24時間テレビ「愛は地球を救う」というキャッチコピーが、
虚しく響いて聞こえるのは、どういう訳なのでしょう。

ネットの反応

・愛は地球を救うってのが嘘くさいんだよな
・感動ドラマを演出する手法が、ワザとらしい!
・もう、飽きたよ。そろそろ終わりにしてくれ!
・芸能人が走るマラソンだって、練習すれば走れるのでは?

24時間テレビ「愛は地球を救う」には、舞台裏がありました。
黒すぎるテレビ局の制作裏側を調べてお届けしました。
ボランティアや、チャリティーの押し売りには、閉口します。

出典:ライブドアニュース , NAVER まとめ , うましおブログ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ