【衝撃の調査結果】臨死体験者150人に聞いた「死の1秒前」全容明らかに!蘇生までの14の過程とは

心停止の状態から蘇生した『臨死体験者』150人のインタビューから、人は死の1秒前に何を経験するのか?を明らかにしたレポートが衝撃的です。

【衝撃の調査結果】臨死体験者150人に聞いた「死の1秒前」全容明らかに!蘇生までの14の過程とはのイメージ

目次

  1. 1臨死体験者150人が語った「死の1秒前」とは
  2. 2『14の過程』とは・・・
  3. 3実際に臨死体験を持つ人のコメント
  4. 4ネットの反応

臨死体験者150人が語った「死の1秒前」とは

臨死体験に関する驚くべき具体的なレポートが、アメリカの心理学者によって発表されました。
 

米国の著名な心理学者、Raymond A.Moody博士が臨死体験者150人の証言をもとに、「臨死状態に陥るとどんな感覚になるのか」をまとめあげた。それによると、蘇生にいたるまで計14の過程があるという。

死という言葉を聞くと恐れ慄きますが、人も含めて生物ならば誰もがいずれ迎えるものです。

哲学的な意味合いとは違う、少し超常現象的な面から『死を迎える瞬間』人は何を見るのか?経験するのか?を150人の実際の臨死体験者の証言を纏めたものが前述のレポートです。

『14の過程』とは・・・

150人の様々な体験を纏めるうちに、臨死体験には共通点があることに気づかされます。

その共通点は14の過程に括ることが出来たということです。

そのステップとは...

1、自分の死の宣告が聞こえる
2、これまで経験したことがないような穏やかで愉快な感覚に包まれる
3、不思議な声が聞こえる。中には美しいメロディーという人も
4、突然暗いトンネルの中に引っ張られる
5、魂が肉体から離脱し、外部から自分の身体を観察する
6、懸命に自らの苦境を他人に訴えるが、誰にも聞こえない
7、時間の感覚がなくなる
8、視覚や聴覚が非常に敏感になる
9、強烈な孤独感に襲われる
10、周囲に様々な“人”が現れる
11、「光の存在」と出会う
12、自分の一生が走馬灯のように映し出される
13、先に進むことを遮られる
14、蘇生する  

以上です。如何でしょうか?もし、13と14が無ければそのまま三途の川を渡ってしまうことになるのですね...

もう一つ気になることは死の直前に自分の一生に対して評価が下されるというのです。まるで天国行きか地獄行きかを裁定されるようで怖いですね...

ただ、これは俗世間的な価値とは全く別物のようです。

判定基準はどれだけ出世したかや金儲けできたかではなく、「一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを他人と共有できたか」になるという。

実際に臨死体験を持つ人のコメント

臨死体験者は意外に多いようです。元記事を読んだネット民からも自称体験者が具体的経験を書き込んでいます。中には興味深いものがありますね。
 

本当に自分の心臓の音だけ良く聞こえて、周りの音が全く聞こえなくなるよ。
あと時間がとてもゆっくり流れる。(走馬灯みたいな感じになる)
蒟蒻ゼリー詰まらせた時になった。


自分は体験したけど5と14だけ。自分の場合は死とか関係なく睡眠中にそうなってしまっただけ。でもドラえもんワールドみたいに未来の次元に行った。聞こえは頭がおかしい人に聞こえるが、もう一人の自分は漫画を読んでいて天井から覗き込んで一緒に読んだ。その日の午後発売日にその本を買ってあけたら絵もストーリーも100%一緒だった。この時期けっこうこういうことが頻繁に起こった。知り合いで体験した人は2,3,4,9,11、13,14だったらしい。この人はICUに居たから。見たことがない色のお花畑と三途の川と「まだ来ちゃいかん」って言われたらしい


アリス症候群になると7、8、9は経験するね。


3、7、8、9、は、2回くらい体験しましたorz
でも一回目は、元カレに別れを告げたとき、ガードレールの近くで殴られまくって、ガードレールで首を切って倒れたからかもしれないけれども、耳の中からゴオーッて砂嵐みたいな、自分の血が流れる音もしました。あとは寒くなって、押し潰されそうな孤独感にとりつかれました!|:_| ̄|〇!:|


自分の体験は、でっかい光の集合体に自分が吸い込まれていくもの。
まるで宇宙に浮かぶ太陽に吸い込まれるかんじ。
でも、自分の存在が無になるのではなく、自分の記憶を保ちつつより多くの情報を受け入れる感じ。例えるのなら、自分のデータがどっかおおきなHDDにコピペされるかんじ。


ただ単に、眠りにつく場合でも俺は2、3、4、7、9、10、は体験することはまぁまぁある


臨死体験は身体が布団や床に食い込むように重くなり意識が遠のき次第に落ちてゆく感じです。幽体離脱は身体がずれてゆき、目を閉じていられないくらいの(表現はおかしいですが・・)まぶしい光に包まれます。その直後にジェットコースターに乗ったような落下と旋回を繰り返し、ふっと暗黒に達します。急な恐怖感を感じたかと思うと逆の動きを繰り返し身体に戻ります。とにかくまぶしく美しく怖かったです。


臨死体験者だけど、今まで関わった人間・出会った人間の感情や人生を体験した。道ですれ違ったり電車で隣り合わせた人のもね。 例えばここで言葉を交わした人が自分と関わり発言するまでの感情とか人生とか。兎に角出会った全ての人逹の側からの人生を経験して「自分を客観的」に経験した。そして蘇生する瞬間、自分に帰ってきた。虐めをして相手を追い込んだ奴とか人を苦しめた人間はそうとう辛い思いをすると思う。その苦しみは全て自分が蒔いた種なんだけどね。だから思いやりを持って相手に接する事が出来た人は、素晴らしい体験をすると思う。それも自分が蒔いた種。


うそが多いな。さすが中国だ。俺は息を吹き返すまでは目を閉じているのに見ている景色は蛍光灯の様に真っ白になったよ。

■この記事を読んだユーザーのコメントから

夢体験と混同している人もいるような気がしますが、読者の反応は...

なんか死にかけてる人多いな

各種宗教や歴史的資料、臨死体験者の発言や死後世界イメージって結構かぶるんだよな。共通項になってることは真実かもしれん。

「・・・というお話だったのサ」というコピペを思い出した。

「一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを他人と共有できたか」
そうなんだよなあ。この価値観で生きられたら。
・・・もしかすると、結果的にいまより金回りがよくなるかも!?
 強いコネがあちこちにできるもんねw

人は死んだら煙か土か食物

輪廻転生があるなら、「一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを他人と共有できたか」これによって次の生まれ変わりが決まるのかね~。
・・・ところで愛ってなんだろ('A`)
次はきっとタワシに生まれ変わるんだな俺は・・・。

フラットライナーズ思い出した

ホントかよって思うけど こればっかりその時にならんと分からんね

死ぬ瞬間どうなるかは大体分かったけど、 死んだ後はどうなるんだろうね。

ドラマなどで病院でピーてなって死ぬのって心臓が停止してるだけだよね。
あの瞬間から、数秒は生きてると思うが、徐々に味覚、聴覚、視覚やらが
低下していって、その他の脳の機能が真空管の電源切ったみたいに徐々に小さくなって機能しなくて終わるんだろうな。

結局、一生涯のなかでどれだけ他の為に尽くしていきたのかということが残るということですね
聖書に書いてあるもんね。最後に残るのは、愛ですってさ。どう生きようと個人の自由だけど、
どうころんでも、良い事してれば間違いないんだよ。

幽体離脱はあるけど…。

なんか最期の一秒がずるずる延びる

>自分の一生に対する評価が下される
 この評価を下すのが仮に全知全能の神様だとしても 自分以外の存在に自分の人生の価値を決められるのは釈然としないな

※3
それはパニクってるだけじゃ…
危機を感じると脳が処理速度を上げてスローモーションかかるってのはよく聞くし

もしあなたの周囲に臨死体験者がいましたら、是非14の過程を経験したかどうか聞いてみてください。

ネットの反応

・たとえ貧しくても頭が悪くても人として純粋に生きてきたら最後のジャッジで救われるのかな
・確かに死後の世界は気になるが、こればっかりは聞くことは出来ない
・絶対戻れる保証があるなら1度臨死体験してみたい
・自殺や事故による即死は別だよね

臨死体験の過程は他の研究でも同様の報告がされています。また臨死経験者は蘇生後、穏やかな人格に生まれ変わることもあるそうです。
 

出典:Wikipedia カラパイア 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ