【最悪!】NHKの集金のやり方に批判殺到!ピンポン50回以上連打の証拠動画で大炎上!(動画あり)

NHKの集金のやり方に批判殺到!玄関のチャイムを50回以上連打する証拠動画が暴露され、大炎上!

【最悪!】NHKの集金のやり方に批判殺到!ピンポン50回以上連打の証拠動画で大炎上!(動画あり)のイメージ

目次

  1. 1NHKの集金方法に批判殺到!
  2. 2受信料の支払いを求めている集金人。
  3. 32017年の「受信契約締結承諾等請求事件」
  4. 4ネットの反応

NHKの集金方法に批判殺到!

NHK受信料については、様様な意見があります。
国民の中には、承知出来ないと受信料の支払いを拒否する人が少なくありません。

玄関先でのトラブルも数多く存在します。
下の動画では、玄関のチャイム(ピンポン)を50回以上も連打する、
異様な光景が見られています。ご覧ください。

この動画は、Twitterで投稿されて、拡散した動画です。
「○○さん、こんにちは」と言った後に、チャイムを連打しています。

玄関に出ずに、家の中で見ている画像です。
緑色のランプが限りなく点滅します。相当に威圧的な訪問方法です。

受信料の支払いを求めている集金人。

その他にも、数多くの動画が投稿されています。
テレビを設置していないと話しているのに、食い下がる集金人の動画です。

NHK集金

(受託法人)

「NHK受託法人です」

「受信料の確認が取れませんでした。」

「それでお伺いしました。」

在宅

(一般人)

「ウチ、テレビ設置していません。」

NHK集金

(受託法人)

「テレビなどの設置がなければ、
登録の必要はないです。」

集金する側は、新たに受信契約を取らないと、
収益に繋がらないので、執拗に来訪するのです。

この様な、集金方法について、
国民の中からは、大きな批判や不満が、沢山出ています。

2017年の「受信契約締結承諾等請求事件」

この裁判は、2006年3月に、自宅にテレビを設置した男性に対して、
NHKが受信契約求め、男性がこれを拒否。
NHKが支払いを求めて裁判で争ったものです。

2017年12月6日に、最高裁の大法廷で、
NHK受信契約の義務規定を合憲とする判断が示されました。

NHKは、放送法64条1項を根拠にしていました。

「日本放送協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」

この結果、受信料の支払いを拒否している約900万世帯(2017年の時点)に、
影響が出るものと考えられています。

最高裁は、その一方で、
「公共放送の役割を丁寧に説明し、支払う義務を理解してもらう不断の努力」が必要と。

また「受信契約が未確定の段階で徴収するのは適当ではない」という指摘も、
盛り込まれているため、NHKに対してフリーハンドを与えた訳ではありません。

ネットの反応

・スマホでもテレビ放送を受信出来れば、払えって事だろ!
・NHKの受信契約って、いい加減に、法的な縛りを辞めろや!
・なんで払わなければいけないのか、オレには分からんぞ
・NHK職員の給料を下げて、受信料を安くしろ!

NHK受信料の契約義務については、大いに議論が為されています。
NHKが巨大組織になりすぎた故、受信料、その必要性の有無が問われています。

出典:現代ビジネス , 電子政府の総合窓口(e-Gov) , Youtube

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ