【マジ!?】『風の谷のナウシカ』の王蟲(オーム)の声を"演じていた"人の「正体」に驚き!

今年の正月4日に放映されたジブリアニメの名作『風の谷のナウシカ』の王蟲(オーム)の「声」の正体が意外にもあの人だったとは...ネットに衝撃が走っています。

【マジ!?】『風の谷のナウシカ』の王蟲(オーム)の声を"演じていた"人の「正体」に驚き!のイメージ

目次

  1. 1『風の谷のナウシカ』王蟲の声は布袋寅泰のギター!
  2. 2音楽監督の久石譲氏から「ギターで泣いてくれ!」と
  3. 3ネットの反応

『風の谷のナウシカ』王蟲の声は布袋寅泰のギター!

『風の谷のナウシカ』は公開からすでに38年も経つジブリにとっても記念碑的名作アニメです。その作品が2019年1月4日に日テレで放映されました。

この作品の中で重要なキャラクターが王蟲(オーム)です。巨大な虫の姿はインパクト十分で見る人の度肝を抜きますね。

また鳴き声がなんとも不思議な響きを奏でます。一体どのようにこの声を出しているのか?多くの人が不思議に思っていたことでしょう。

その声の正体はロック・ギタリストの布袋寅泰が演奏するギターだったのです!

この事実は2011年に布袋本人がツイッターで明かして既に知られてはいましたが、改めて作品がテレビ放映されたことで、再びツイッターで話題になったのです。

今回が初出の話題ではないようだが、3万人以上にフォローされている布袋本人がツイッターで認めたことで多くの人が知ったようだ。

音楽監督の久石譲氏から「ギターで泣いてくれ!」と

布袋がツイッターでオームの声の件を明かすきっかけは、ファンから『好きなジブリ映画を教えて!』という質問に対しツイッターで答えたものだと言います。

2月8日に投稿された「ナウシカのオームの鳴き声は僕のギターなんですよ!」という布袋のツイート。これは、ファンからの「好きなジブリ映画をおしえてください!」という質問に対するツイートだったが、あっさりと明かされた驚きの事実には、現在100人以上がリツイートしており、大きな話題になっている。

既知のことだったんですね...それにしても驚きました、ギターの音色だったとは...そういわれて見直せば確かにそう聞こえます♪

布袋が演じることになった経緯は、音楽を担当していた久石譲氏から「ギターで泣いてくれ」と頼まれたからだそうです。

同作の音楽を担当しているのは、ジブリ映画や北野武監督作品でおなじみとなっている久石譲だが、布袋は王蟲の声をやることになったきっかけについても、「久石譲さんに呼ばれてギターで泣いてくれと頼まれました。ずいぶん昔の話です」と明かしている。当時、布袋はBOOWYのギタリストとして絶大なカリスマぶりを発揮していただけに、今から思えば、信じられないほど豪華なコラボレーションだ。

◆ツイッターに上がった驚きの声

まだまだ知らない人は多いようです。面白い話ですね♪laugh

ネットの反応

・長くBOØWYファンですが初耳でした 確かその頃出したInstant Loveは徳間ジャパンからリリースだったので納得!
・へー!そうだったんだ。
・これはもう一度見てみなくては!
・言われてみればそう聞こえてくる不思議(∀`*ゞ)テヘッ

公開当時は明かされなかったオームの声の正体...30年近くたって布袋本人がツイッターで明かしたという事は、ネット全盛の時代になったからと言えますね。

出典:Twitter corobuzz シネマトゥデイ 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ