『マネーの虎』大物社長たちの悲惨過ぎる現在とは…「負債167億円」って??

視聴者参加型のビジネス・バラエティ番組『マネーの虎』で、企業家志望者たちに容赦ないツッコミを入れまくった大物経営者たちの現在が悲惨という噂です。彼らのその後を纏めました。

『マネーの虎』大物社長たちの悲惨過ぎる現在とは…「負債167億円」って??のイメージ

目次

  1. 1「マネーの虎」とは
  2. 2「11人の虎たち」のその後
  3. 3ネットの反応

「マネーの虎」とは

2001年から3年間テレビ東京で放映されていた視聴者参加型のバラエティ番組が「マネーの虎」です。司会者は吉田栄作が務めていました。

この番組のユニークな点は、企業家志望の参加者が自分のビジネスプランをプレゼンし、その内容に対して『虎』と呼ばれる大物経営者たちが徹底的に吟味し、もしOKが出れば虎たちの自腹で起業資金が参加者に提供されるというものです。

その場合は『マネー成立』と司会の吉田栄作が宣言し、NGであった場合は『ノーマネーでフィニッシュです』と言われてしまいます。

見どころは起業家たちのわずかなスキも見逃さず容赦なく突っ込んでくる虎たちと、それに負けじと応戦する起業家たちの攻防でした。

志願者による自分がやりたい事業や、願望を抱く夢に関するプレゼンテーションに対して、「マネーの虎」と呼ばれる大物起業家達が自腹で現金を出資するか否かの判断を下す。虎達の出資予定額の合計が、志願者の希望金額に到達すれば「マネー成立」となり、志願者は虎達からの出資金を獲得できる。

ただし、虎達の出資予定額の合計が志願者の希望金額に到達しなければ「マネー不成立」となり、志願者は虎達からの出資金を一切受け取れない。またマネー成立後でも、後日プレゼンの中に嘘や偽りが発覚したり、予定していたノルマに達しなかったりすると「ノーマネー」となる。

あの個性的な大物社長たちは現在でも健在なのか?そんな気になる虎たちのその後を纏めました。

「11人の虎たち」のその後

①吉川幸枝

(当時:株式会社よし川代表取締役、年商50億)

→一時は負債20億となるが現在は完済、順調。

②貞廣一鑑

(当時:株式会社ラヴ代表取締役CEO、年商25億)

→Jellyfish.(株)→(株)商業藝術へ社名変更を続けるが、会社は拡大中。順調。

③岩井良明

(当時:株式会社モノリス代表取締役、年商12億)

→株式会社MONOLITH Japanを設立し代表取締役社長就任。

同時に株式会社モノリスの社長を退任し、代表取締役会長に就任。順調。

金髪が白髪になっていました。

④川原ひろし

(当時:なんでんかんでんフーズ株式会社代表取締役、年商6億)
 
→10店舗が現在3店舗に。2012年に26年続いた本店も閉鎖。

借金が2億あったが現在は減らし、新しい店も出す予定という。

一時期はかなり迷走していたが最近は虎に戻りつつある?

⑤小林敬


(当時:株式会社小林事務所代表取締役。年商65億)
  
→2005年にフードテーマパーク事業を起こすが半年で破綻し、自らも自己破産。

その後様々な会社の役職に就退任を繰り返す。音信不通とされていたが、現在は飲食系のセミナーで活動を行っている様子。

⑥高橋がなり

◆番組出演時は...

アダルトビデオメーカー『ソフトオンデマンド(株)』の代表取締役社長

テリー伊藤の下でADとして働いていた経験がある。

また、同氏の資金提供による2会社を潰し借金を抱えるも、3社目で大成功。10年で100億円企業にまで成長させた。

◆その後の経歴

→農業に転身し、国立ファーム有限会社を設立。農業ビジネスは赤字だが、SODの大株主であるため生活は問題ないと思われる。

⑦堀之内九一郎

(当時:株式会社生活創庫代表取締役、年商102億)
  
→倒産し負債15億を抱える。2014年12月のフライデーの取材を「今はそっとしておいてくれ」と拒否。

現在70歳近くなので復活するのは厳しそうかも。

⑧加藤和也

(当時:株式会社ひばりプロダクション代表取締役、年商非公開)
  
→現職として活躍中。順調。

⑨南原竜樹

(当時:オートトレーディングルフトジャパン株式会社代表取締役、年商55億)

→一時は負債50億を抱えホームレスにまでなるが、現在は様々な事業で成功し大復活。

⑩上野健一

資金繰りに行き詰まり、東京地裁に民事再生法の適用を申請したことが判明・・・
負債総額は167億円以上になっているとの事。

志望者に最も偉そうに説教していたのが上野さんでした。

⑪安田久

(当時:株式会社エイチ・ワイ・ジャパン代表取締役。年商18億)
  
→自己破産。 現在は外食関係の講演会やセミナーで活動を行っている。

 「マネーの虎」の大物経営者たちの番組終了後~現在までを纏めてみました。

如何でしたか? 起業しビジネスを軌道に乗せることがいかに難しいか、良く理解できると思います。ビジネスを甘く見てはいけないということですね。
 

番組に数回しか出ていない人の中には「自殺や消息不明」者もいるそうです。この番組、YouTubeでも見られるようなので、興味があれば探してみてください。

順調にいく人は臨機応変に先を読める人力がある人のようです。

ネットの反応

・ア〇ルトビデオ産業って儲かったんだな
・負債167億円って…もう自殺するしかないのでは
・加藤和也って美空ひばりの息子だよね。今でも健在なところはさすが!
・今はIT起業家ばかりで面白くないかもね

20年近くたてば商売も様変わりしてきますからね。インターネットの普及などでダメになった商売もあるでしょう。多額の負債を返済した人は凄いですね!

出典:HACHI8 NANZOUS 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ