【衝撃】北海道日本ハム・斎藤祐樹が転職オファーを受けていた!!しかも驚くほどの高待遇・・・

プロ入団後は成績が振るわない北海道日本ハムファイターズ斎藤祐樹投手に高待遇のオファーがあった!?30歳になり引退の噂が囁かれる中、行く先は・・・

【衝撃】北海道日本ハム・斎藤祐樹が転職オファーを受けていた!!しかも驚くほどの高待遇・・・のイメージ

目次

  1. 1“ハンカチ王子”こと日ハムファイターズ・斎藤祐樹投手
  2. 2プロ入団後の成績は振るわず
  3. 3斎藤佑樹投手が転職のオファーを受けていた!?
  4. 4ネットの反応

“ハンカチ王子”こと日ハムファイターズ・斎藤祐樹投手

北海道日本ハムファイターズ所属の斎藤佑樹投手。

2006年、甲子園で優勝投手となった早稲田実業高校時代は“ハンカチ王子”と呼ばれ注目を集めました。

高校卒業後はプロからの誘いを断り早稲田大学に進学。

大学野球でも輝かしい成績を残り、2010年秋のドラフト会議で4球団から1位指名されました。

抽選の結果、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得。新庄剛志以来7年ぶりとなる単独の入団会見が行われました。

プロ入団後の成績は振るわず

即戦力の大卒ルーキーとして期待された斎藤佑樹投手ですが、プロ入団後は思うような成績があげられていません。

1年目と2年目は6勝、5勝という結果があったものの、それ以降はさっぱり振るわず。

斎藤佑樹投手が転職のオファーを受けていた!?

期待された成績を残せず、その割に高い年俸をもらっていた斎藤佑樹投手には、チーム内から厳しい目が向けられていました。

2015年のシーズン開幕前には、フジテレビから「アナウンサー転身プラン」を持ちかけられていたとか!

それもフジテレビの正社員で年収1000万円が保証される待遇だったそうです。

斎藤佑樹投手はこのオファーを受けて数日考えてから、やんわりと断ったといいます。

まだまだ現役にこだわりたい意向があったと思われますが、その後も成績が伸びることはなく、斎藤佑樹投手も遂に30歳の大台に乗りました。

2018年の一軍登板はわずかに3試合となり、囁かれだしたのは引退の噂です。

「30歳という年齢と不甲斐ない現状もあり、今オフに引退表明をする可能性もあるのでは……と囁かれています。球団側は華々しく入団させた経緯もあるので『それなりのポストを用意する』と考えているようですが」(野球関係者)

しかし斎藤佑樹投手が引退後に描いているのは、球団で働くよりもキャスターへの転身だと言われています。

「最近、斎藤選手は他分野の人たちと頻繁に接触しています。そんな中で噂されているのが彼のスポーツキャスターへの転身です。寡黙なイメージの斎藤ですが、意外に饒舌で会話センスもあります。そのため『キャスターに向いているのでは』と言われていて、本人も乗り気のようです」(テレビ局関係者)

もしも引退となれば、各局から争奪戦が予想されますが、2019年も現役続行の意向を示しているようです。

戦力外通告された時が正念場です

ネットの反応

・こいつが他のプロ野球選手たちにインタビューとかできんの?
・もともとそれ見越して早稲田行ったわけだし
・栗山2世目指すんかな 熱闘甲子園のキャスターがええやろ
・一茂やら定岡みたいに弄られるのは覚悟せなあかんやろ。だいじょうぶか?

現役時代の成績がぱっとしなくても喋りが上手ければやっていけます
早稲田大学卒業の肩書を活かせますしね!!

出典:女性自身, ベースボール速報

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ