厚切りジェイソン芸能人生終了⇒大御所・ビートたけしに猛反論!ネット上で大絶賛!

厚切りジェイソン芸能人生終了かも。大御所・ビートたけしに猛反論で大ピンチ!ネット上で大絶賛されている!

厚切りジェイソン芸能人生終了⇒大御所・ビートたけしに猛反論!ネット上で大絶賛!のイメージ

目次

  1. 1厚切りジェイソン、ビートたけしに噛みついた!
  2. 2すし職人に徒弟制度は、必要なのか?
  3. 3ビートたけしさんは、修行期間が必要と。
  4. 4すし修行、唯一の合理性とは?
  5. 5ネットの反応

厚切りジェイソン、ビートたけしに噛みついた!

お笑い芸人の厚切りジェイソンが、
すし職人の修行の方法を巡って、ビートたけしさんに楯突きました。

大御所のビートたけしさんと論争に発展し、
厚切りジェイソンさんの立場が、心配されています。

厚切りジェイソンさんは、渡辺プロダクション系列の所属タレントです。
アメリカ・ミシガン州出身で、在日IT企業役員という変わった経歴をお持ちです。

論争になったのは、すし職人の徒弟制度についてです。
アメリカ人は、合理的なので、意味が分からないと言っています。

すし職人に徒弟制度は、必要なのか?

厚切りジェイソンさんは、インターネットで調べれば、
徒弟制度は必要ないという主旨の意見を出されていたのです。

それは、ジェイソンさんが、「ビートたけしのTVタックル」に、
出演されたときの議論として、展開されました。

「飯炊き3年、握り8年」と言われる長い修行期間に対して、
疑問を呈されたのが、ジェイソンさんです。

実業家の堀江貴文氏が、
「今どき、イケてるすし屋はそんな悠長な修行しねーよ。センスの方が大事」と、
ツイートしたのを題材にしていたのです。

徒弟制度による修行の是非について、
ビートたけしさんと議論が闘わされました。

ビートたけしさんは、修行期間が必要と。

ビートたけしさんは「師匠(親方)について河岸に行くのも勉強」と、
一人前のすし職人となるための方向性について、意見を述べました。

たけしさんは、すしを握る以外にも、
必要なことが沢山あるとの考え方を披露されたのです。

沢山のものを学ぶためには長い時間を要すると、
徒弟制度を肯定したのです。

それに対して、ジェイソンさんは、
「自分の力で、スキルを磨けば、自分だけでそういう立場(職人)になれる」と、
反論し、議論は続きました。

すし修行、唯一の合理性とは?

ある方が次の様な観点から、徒弟制度の合理性を語られています。

科学的な観点においても、寿司屋で修行した人が開いた店の方が、かなりの確率で「おいしい寿司屋」になれるという事

また、別も見方もされています。

人間の味覚は「期待」によって変化するというコーネル大学の研究が多くの本で紹介されていました。人間は「おいしいに違い無い」と期待して食べた食べ物に対して、その自分の期待に対する微妙な味を追求して「実際においしい」と感じるそうです。

厳しい修行であるのが、すし職人の徒弟制度です。
その修行をしたことを、職人としての必要な事と捉える人が、
日本人の中には多いことも、事実です。

有名な老舗店で修行したなら、確かな技術で、
美味しいすしを提供してくれるに違いないと、
そういう方達に、支援されているとの見方も、あり得ると感じました。

ネットの反応

・徒弟制度はとても厳しい。覚悟が無いヤツには無理なんだ。
・技術を学ぶ姿勢がないのなら、徒弟制度に入っても身につかない
・個人個人のスキルとセンスがないと、一流の職人になれない
・徒弟制度は厳しい。厳しい中で切磋琢磨することに意味がある。

すし職人の徒弟制度について、厚切りジェイソンさんと、
ビートたけしさんの間で大きな議論がありました。
技術を探求する精神が無ければ、一流の職人に到達出来ません。

出典:芸能 : 日刊スポーツ , アゴラ 言論プラットフォーム

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ