ガキ使の「タイキックさん」実は凄いムエタイボクサーだった!驚きの経歴が判明!

「ガキの使い 笑ってはいけないアメリカンポリス」でココリコ田中らにタイキックを振舞ったタイ人の正体が判明しました!実はプロのムエタイボクサーとして凄い経歴の持ち主だったのです。

ガキ使の「タイキックさん」実は凄いムエタイボクサーだった!驚きの経歴が判明!のイメージ

目次

  1. 1「笑ってはいけない」で行われた『タイキック』とは
  2. 2ココリコ田中の「タイキック」まとめ
  3. 3『タイキック』さんの経歴判明!
  4. 4タイキックの威力とは
  5. 5ネットの反応

「笑ってはいけない」で行われた『タイキック』とは

年末恒例の「ガキの使い・笑ってはいけないシリーズ」を毎年楽しみにしている人も多いでしょう。笑ってしまったメンバーはおしりを叩かれるペナルティが笑いを呼ぶツボとして番組の売りになっています。

しかし、それとは別にココリコ田中が毎年お約束のように受ける『タイキック』も田中の泣き顔芸がおかしく、これまた番組名物となっています。

キックする人が本格的なムエタイボクサー上がりの人だということは、本格的な腰の入ったキックのフォームで繰り出される鋭い蹴り足を見れば分かります。

ココリコ田中もよく何発もローキックを受けられますね。surprise 相当お尻が腫れ上がっているのではないでしょうか?!blush

ココリコ田中の「タイキック」まとめ

ではココリコ田中が受ける『タイキック』の場面をまとめた動画がありますのでご覧ください。

本人には申し訳ないけど、この↓泣き顔を見るのも楽しみになってきました( ´∀` )

動画の中にはココリコ田中の息子が、パパ宛に書いた手紙が読み上げられるシーンがあります。感動的な手紙で終わるのかと思いきや...最後に息子からタイキックお願いしますと書かれていてwww

笑い転げるダウンタウン松本と浜田たち...

『タイキック』さんの経歴判明!

番組のミニドラマにも『タイキックさん』と呼ばれて登場したこの人、実は、というかやはり元ムエタイボクサーで現在はトレーナーとジム経営をしている人と判明しました。

しかもムエタイボクサーとして経歴が凄かったのです!

■プロフィール

本名:ハーカム・ナロンパット
リングネーム:トースー・ナ・ノンタチャイ
ニックネーム:SO(ソー)
年齢:40〜50歳程度
職業:ムエタイジムのトレーナー
ムエタイトレーナー歴:30年

・ムエタイ200戦以上
・元ラジャダムナン・スタジアム1位

ラジャダムナン・スタジアムとはルンピニースタジアムと並ぶムエタイの殿堂といえるスタジアムです。日本でいえば両国国技館のようなものと思って頂ければよいでしょう。

そのスタジアムでのチャンピオンと言えばムエタイの最高峰、タイでは横綱クラスの権威があります。日本人で初めてチャンピオンになった人は藤原敏夫でした。

そんな凄い人だったとは驚きですね!

日本在住という事は親日家なのでしょう。だから『ガキ使』出演も楽しんでいるようですね。laugh

現在はムエタイジム経営とトレーナーをしている

タイキックの威力とは

現在引退したとはいえ本格的ムエタイの使い手に蹴られていてはさぞかし痛いでしょうね"(-""-)" 例え7割くらいにセーブしているとはいえ...

ハーカムさん本人に出演してもらって、『タイキック』の威力を生身で受けたお笑い芸人が『水たまりボンド』です。以下の動画をご覧ください。

サンドバッグにキックを叩きこむ時の迫力は流石元チャンピオン!凄いです。これをまともに受けたらそりゃ痛いだろうsad

ココリコ田中も以下のように語っています。

「一度目はまだいい。でも何回も同じところを叩かれると痛みが蓄積される」

※↓はムエタイ式ローキックの蹴り方指南動画です。ご参考まで。

ココリコ田中は今年の年末も『タイキック』を受けまくるのでしょうか?

ネットの反応

・田中タイキックが一番かわいそう笑笑
・現在はジムの会長さんなんだね
・さすが!只者のおっさんではないと思っていたが。
・日本に住んでいるなら番組にも出やすいねwink

本物のタイ式ボクサーを使うとは、さすが『ガキ使』は考えていますね。しかもラジャダムナンのチャンピオンだったとは驚きです。

出典:YouTube matomake YUTORI CHANNEL Twitter 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ