【※衝撃】1日40本タバコを吸う2歳児が、成長し奇形の体となった!驚愕の事実!

1日40本タバコを吸う2歳児の現在の姿、成長し奇形の体となっていた!衝撃の事実に驚き!

【※衝撃】1日40本タバコを吸う2歳児が、成長し奇形の体となった!驚愕の事実!のイメージ

目次

  1. 12歳児が、一日40本の喫煙・・・
  2. 2禁煙に成功したアルディくん
  3. 3またもや、1日40本の喫煙をする2歳男児が登場!
  4. 4ラピくん(2歳男児)のご両親も頭を痛めています
  5. 5ネットの反応

2歳児が、一日40本の喫煙・・・

それは2010年に報道された衝撃のニュース。
インドネシアで生活している、2歳児の男子が、タバコを吸っていました。

その喫煙する光景が、写真や動画が公開されて、
世界中へ衝撃を持って、伝えられました。

2歳の男の子の名前は、アルディ・リザルくんでした。
アルディくんには、インドネシア政府が特別チームを用意し治療に取り組んだのです。

禁煙に成功したアルディくん

後日、禁煙に成功との報道がありました。
それから3年あまり経過し、5歳になったリザル君の姿が、
英国で放送されたという事でした。

一躍有名になったインドネシアの男児・アルディくん。
2017年に、9歳になった現在、アルディくんは、
健康な学校生活を送っていると、英紙『Mirror』などが報道しています。

またもや、1日40本の喫煙をする2歳男児が登場!

アルディくんだけではありませんでした。また、インドネシアのお話です。
2018年8月に『Metro』『Mirror』などの、報道で分かりました。

喫煙率が高いインドネシアでは、
子供の喫煙が多いそうで、社会的な大きい問題です。

2018年8月の記事にあったのは、アルディくんとは、別の2歳男児。
その喫煙姿をご覧ください。

インドネシア・西ジャワ州スカブミの、
ラピ・アナンダ・パムンカス君(Rapi Ananda Pamungkas、2歳)です。
 

ラビくんは、現在、1日に40本のタバコを吸っているとか。
インドネシアでは、簡単に子供がタバコに手を出すようです。

ラピくん(2歳男児)のご両親も頭を痛めています

ラピくんのお母様・マーヤティさん(Maryati、35歳)と、
お父様・ミスバフディンさん(Misbahudin、40歳)からのお話です。

お二人は、露店で食品やタバコの販売をされています。
その店頭で、ラピくんが、吸い殻を拾って、吸ってしまったそうです。

そうして、ラピくんは、
わずか数日間で、ニコチン中毒に陥ってしまったのだと、困惑されていました。

ラピくんは、タバコを吸わないと、不機嫌になってしまい、
ご両親も頭を痛めているのが、現状のようでした。

インドネシアでは、18歳未満の喫煙が問題となっています。
児童喫煙率の増加が、健康に及ぼす影響が心配されているところです。

ネットの反応

・ニコチン中毒は、本人の意志が問題。
・自分で辞めようとしないと無理じゃね?
・強制的に、監禁して禁煙を促せよ。
・厳しい態度に出ることが出来ない、親に問題がある!

インドネシアでは、少年の喫煙が少なくないようです。
問題意識も薄いのでしょう。幼児からの長期にわたる喫煙が、
健康に与える影響が心配されます。国が取り組む問題と言えます。

出典:Narinari.com , Techinsight , BIGLOBEニュース

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ