【トリビア】コンバースについている二つの『穴』には重要な役割があった!

コンバースなどのスニーカーで見かける『余った穴』は何のためにあるのか?言われてみれば「あーあれね!」でも用途は??実はあったのです!これを知るとスニーカーをより効果的に履きこなせますよ♪

【トリビア】コンバースについている二つの『穴』には重要な役割があった!のイメージ

目次

  1. 1コンバース・側面の二つの穴は何のためにある?
  2. 2より靴を足にフィットさせ靴擦れ防止の役割があった!
  3. 3側面に穴が無いスニーカーの場合
  4. 4ネットの反応

コンバース・側面の二つの穴は何のためにある?

コンバースのスニーカーには、↑の赤矢印で示したような二つの穴が靴の側面にあります。

これは今まで靴の中のムレ防止ためかと思っていました。しかし実は足のために重要な役割があったのです。

この2つの穴にも靴ひもを通すことで、より足にフィットするようスニーカーをカスタマイズできるとのこと!

より靴を足にフィットさせ靴擦れ防止の役割があった!

よりフィット感を強くするための穴だったのですね。

画像で手順を確認してみましょう。

■手順

①一番上と2番目の靴紐の穴から一旦紐を抜きます。

②靴紐を靴の内側から側面の穴に順に通していきます。

③靴の中に飛び出た紐を反対側の穴(上から2番目)に通します。

④後は開けた靴紐の穴に紐を順繰りに通していけば出来上がり!

よりフィット感が強まった感じです。

側面に穴が無いスニーカーの場合

コンバースのようなタイプでなくても、スニーカーの靴紐用の穴には足首側に余分な穴が二つ付いているのです。

これもやはり靴擦れを防ぎ快適に足にフィットさせる重要な役割があったのです。こちらコンバースと違って目立たないので、今まで気づいていなかった人も多いのではないでしょうか?

この穴を使って紐を結ぶやり方を「ヒールロック」または「レースロック」というそうです。やり方は↓の動画に具体的に載っています。ぜひ参考にしてください。

すこーしデカいサイズを買ってしまった場合、靴ずれに悩んでいる人には役に立つ豆知識ですね。

ネットの反応

・これはいい情報をもらった
・早速やってみよう
・てっきりムレ防止の穴だと思っていた...
・結局靴に無駄な穴はないという事か...

出典:YouTube BUZZmag 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ