【大炎上】コンビニ店員の不正がこのレシートにはっきり残っている!あなたは異変に気付きましたか?

ローソンで起きた店員によるポイント不正取得事件です。ポンタカードを持っていない利用者の買い物レシートになぜかポンタのポイントが反映されている...客の盲点を突いた驚きの手口とは

【大炎上】コンビニ店員の不正がこのレシートにはっきり残っている!あなたは異変に気付きましたか?のイメージ

目次

  1. 1すぐにポイ捨てされているコンビニのレシート
  2. 2「ポンタカード持っていないのになぜ?」その客が感じた違和感とは
  3. 3従業員がポイント不正取得していた!
  4. 4ネットの反応

すぐにポイ捨てされているコンビニのレシート

皆さんはコンビニで買い物した時にレシートを受け取って内容確認していますか?案外、多くの人はコンビニのレジに併設されてる不要レシートを捨てる小さなゴミ箱にそのままポイされていませんか?

ポイントが溜るカードを提示して買い物をしてもレシートよく見ない人はいるのではないかと思います。しかしレシートはどのような場合であれ、しっかり確認した後に処分した方がいいですよ。

そんなことを痛感させられる事件がコンビニで発生しました。

「ポンタカード持っていないのになぜ?」その客が感じた違和感とは

ある人がローソンで買い物した時のこと。レシートを受け取って内容を確認した時、ある違和感に気づいたそうです。

※その人のツイート(現在元のツイートは見られません)がコチラ↓

※拡大画像です

違和感の正体お分かりですか?レシートの真ん中よりやや下の部分に「ポイント会員」と「買上ポイント」「ポイント残高」の項目名があり、残高に4,698P(4698円分買い物に利用できる)と記載されていますね。

ポイント会員になってる方なら良く知っている内容でしょうが、この買い物客はローソン発行のポンタカードの会員ではないのです。だから当然ポンタカードはレジに提示していないし、ポイントがこの人の買い物レシートに反映されるわけがないのです。

従業員がポイント不正取得していた!

実は従業員がポンタのポイントを不正取得していたのです。からくりは実に単純!この従業員は自分のポンタカードをレジに通し、買い物客の売り上げから算出されたポイントを自分のカードに加算していたのです。

2月8日、富山県のローソン店舗で、ポイントカードを持っていない利用客の精算時に、従業員が自分のポイントカードをスキャンし、ポイントを不正取得していたことが判明し、ローソンが謝罪した。不正取得を行った従業員は、2月6日付けで退職した。
 

今回のポイント不正取得は、4日に利用客がレシートの写真をTwitterに投稿したことがきっかけで発覚した。翌5日にツイートを目にした他の客から寄せられた問い合わせでローソンが当該店舗を調査。6日に従業員と面談したところ、不正取得を認めて退社を申し出たため、当日付けで受理した。


ローソンは今回のポイント不正取得を受け、従業員への教育の再徹底や、イレギュラーなポイント取得のモニタリング体制の強化をはかり、不正行為の防止に努めるとしている。

※2016年の事件でした。

つまりこの従業員はかなりの不特定多数のお客様の買い物に自分のポンタカードを利用していたという事ですね。小口買い物がほとんどのコンビニで4000ポイント以上貯めるのは相当日数及び回数が掛かりますから。

冒頭に書いたように如何に多くの人がレシートをろくに見ないで捨てているかという事を証明した事件だったと言えます。

しかし、悪事はいつかバレます。この従業員もシンプルな操作で全くバレないから罪悪感がマヒしてしまったのでしょう。たまたま1回だけそのお店で買い物した客が、レシートを見る人だったおかげで犯行がバレたのです。

ツイートをした人は被害者には違いありませんが、金銭を搾取されたとか自身のポイントを搾取されたわけではありません。しかし従業員の行為は詐欺・横領行為です。

最近コンビニや飲食店のバイト従業員のモラル低下が社会問題化しています。今回の不正行為はそれら炎上動画事件とはちょっと違うかもしれませんが、善悪のけじめがないという点では一致しています。

今後利用する側もレシートはよく確認しましょう。またお店側の管理監督も徹底していただきたいですね。

ネットの反応

・これはポンタから横領で訴えられても仕方ないレベル
・比較的多くのローソンで領収書を渡さない傾向がある
・これ、ほかの店舗でもやってる奴まだいそうな感じ...
・窃盗や横領しているという自覚がないんだろうな、簡単な行為でデキちゃうから

こんな不正行為が氷山の一角で、他の店舗でも行われていたらと思うとぞっとします。レシートはエビデンスであり、割引サービスなどがレシートに印字されているケースもあります。良くチェックしましょうね。

出典:Share News Japan   matomake   LivedoorNEWS 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ