心肺停止のおばあちゃんを偶然救った女医さん!!インタビュー取材にヤバすぎるものが映り込んでいた・・・

まるでドラマのような救出劇で人命を救った女性医師。インタビュー取材に答えている時に映り込んでいるものがヤバすぎる!!

心肺停止のおばあちゃんを偶然救った女医さん!!インタビュー取材にヤバすぎるものが映り込んでいた・・・のイメージ

目次

  1. 1偶然通りかかった女医が人命救助!
  2. 2取材に応じた半谷さん夫妻は・・・
  3. 3ネットの反応

偶然通りかかった女医が人命救助!

2011年6月9日の朝、まるでドラマのような人命救助でおばあちゃんが一命を取り留めた事件がありました。

それは、千葉県野田市の斎藤ユキさん(83)を乗せて佐藤裕子さん(58)が運転する車で、病院に向かって走っていたいた時のことです。

斎藤ユキさんは佐藤裕子さんの母親。持病の心臓を診てもらうため病院に行く途中の車の中で、斎藤ユキさんが心臓発作を起こしました。

斎藤ユキさんは痙攣して呼吸停止状態にまで陥り、危険な状態に!!

その場所は交差点の右折車線でしたが、急を要するためハザードランプをつけて停車。佐藤裕子さんは119番通報して心臓マッサージを始めました。

朝の車が多い時間帯でもあり、救急車が到着しないため佐藤裕子さんは必死に心臓マッサージを続けていると、一人の女性が車に乗り込んできました。

「私は医者です」と言って乗り込んで来た女性は、女性医師の半谷(はんがい)京子さん。

病院勤務の半谷京子さんはその日は当直明けで、夫が運転する車で帰宅途中に偶然通りかかったところ、緊急事態を発見して救急対応したそうです。

半谷京子さんが人工呼吸と心臓マッサージをすると、斎藤ユキさんは5分後に呼吸と脈が回復。無事一命を取り留めることができました。

取材に応じた半谷さん夫妻は・・・

このドラマのような救出劇に、半谷さん夫妻にはマスコミから取材依頼が寄せられました。

インタビューに答えた半谷さんによると、いつもなら病院で取っていた朝食を、この日はたまたま外で食べようと夫と店を探していたという偶然もあったのだとか!!

取材に答えてくれた2人の姿がテレビで流れると、43歳の女医の妻と21歳の夫という22歳差の夫婦であることの方がネットでは話題になりました。

ご夫妻には子どももいるそうです!

お二人の出会いにもきっとドラマがあったのでしょう・・・

夫婦にはいろんな形があるのですね!

ネットの反応

・理想のモデルケースじゃないか
・もっと女医を増やせばいいんだよ!日本医科大許さんぞ!
・息子を前に孫を抱く祖母にしか見えないwww
・浮気したら何されるかわからんな・・・

男女の関係が逆ならこの年齢差も珍しくないと思います!
男女平等で考えるならあってしかるべきですね!!

出典:J-CASTテレビウォッチ, 日刊ニログ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ