車で犬を散歩させ、大炎上!排気ガスがワンちゃんに!飼い主の言い分に驚愕!

車で犬を散歩させたのは、岡山県高梁市の88歳の男性!飼い主の言い分に驚愕してしまいます!

車で犬を散歩させ、大炎上!排気ガスがワンちゃんに!飼い主の言い分に驚愕!のイメージ

目次

  1. 1車で犬を散歩させた!
  2. 2犬の飼い主は、88歳の男性。
  3. 3高齢男性は、二度としないと言ってます
  4. 4ネットの反応

車で犬を散歩させた!

2019年2月16日の事です。SNSに、犬を車で散歩させた動画が、
投稿されました。この動画が物議を醸し出しています。

何故ならば、車の中からリードでつながれた犬を、
散歩させている光景が、動画で映し出されていたからです。

この動画の中で、ワンちゃんは、斜めになりながら、
引きずられている様に、小走りに散歩していたんです。

動物虐待ではないかと、炎上騒ぎを起こしている動画。
その問題のシーンが、この動画です。ご覧ください。

犬の飼い主は、88歳の男性。

この話題の主は、岡山県高梁市に在住する88歳の男性です。
テレビ局のインタビューに答えた様子が、ツイートされていましたので、
掲載します。

高齢の男性は、「自分の足で歩くことができない」と、
その様な理由を話していました。
家の中でも杖が必要だとのことでした。

88歳というご高齢を、考えなければなりませんし、
今後の事もありますが、ワンちゃんが引きずられている姿を見ると、
批判じみた声が挙がるのは、仕方の無いところでしょう。

高齢男性は、二度としないと言ってます

この犬を散歩させている光景を、警察からも、
注意されたと仰っています。

犬の散歩

(飼い主・88歳)

「今朝そのことで、お巡りさんも来た」

​​​​​​​「まずかったと思う。もう2度としない」

弁護士によりますと、道路交通法の違反に該当するとの、
厳しい指摘があったことを、お伝えしておきたいです。

動物愛護、動物虐待を防止するという観点から、
この岡山県高梁市で起きた、車で犬を散歩させた問題を、
考えていかなければならない必要性を感じました。

ネットの反応

・車で犬を散歩させる人は、いるだろ。普通に。
・ワンちゃんが怪我する可能性が、問題なのか?
・飼い主の事情もある。法律が介入する限度があるだろ!
・難しいよな。動物虐待という観点もある、犬ならば散歩の必要性もある。

飼い主と、飼い犬の散歩事情が、SNS投稿から論じられました。
高齢者がペットを飼育する上での、問題点が浮き彫りになり、
今後の地域社会における課題となったのです。

出典:Hachibachi , 口コミ元気村 , 楽天ブログ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ