【大顰蹙】東京マラソン表彰式における小池知事の態度が大炎上!→秋篠宮殿下の姿を見て!

東京マラソンの表彰式にて、小池都知事が両手をポケットに入れた姿で報道されネットで炎上しています。すぐにお詫びを入れたものの時すでに遅し...翻って皇族の心構えは素晴らしいと改めて称賛を浴びています。

【大顰蹙】東京マラソン表彰式における小池知事の態度が大炎上!→秋篠宮殿下の姿を見て!のイメージ

目次

  1. 1東京マラソン表彰式の小池知事の態度に非難殺到!
  2. 2皇族の方々を見習ってほしい
  3. 3ネットの反応

東京マラソン表彰式の小池知事の態度に非難殺到!

2019年の東京マラソンは、雨が降る寒空(最低気温6度、最高気温8度)の中で行われました。

天候のコンディションが良くない中、男子はエチオピアのビルハヌ・レゲセ選手が2時間4分48秒という好タイムで優勝しました。

優勝したビルハヌ・レゲセ選手と握手する小池都知事

日本人選手は期待の大迫傑選手が途中棄権というアクシデントに見舞われましたが、箱根駅伝を走った中大の堀尾謙介選手が日本人最高位の5位入賞、神野大地選手はMGC獲得と先の期待を持たせてくれる成績を残しました。

そんな熱戦が繰り広げられた2019年東京マラソンは、2020年東京オリンピックをますます楽しみにさせてくれる内容でした。

しかし、表彰式における小池都知事の態度が良くないと炎上騒ぎになってしまいました。ツイートされた画像をご覧ください。

選手は雨の中、傘もささず立っているのに、自分は傘をさしてもらって両手はポケットに入れているという失礼な態度!

この姿はメディアでも報道されましたから忽ち小池知事に非難が殺到しました。

ネット上で騒ぎになったのは、過去最多となる約3万8000人のランナーが参加した東京マラソンの表彰式。歴代2位の好タイムで初優勝したビルハヌ・レゲセ(エチオピア)に小池氏はメダルを授与し、笑顔で握手しながら記念撮影に応じた。

 と、ここまではよかったのだが、自分の仕事が終わるとそそくさと後ろへ下がり両手をポケットに突っ込んだのだ。レゲセが雨の中、傘を差さずに出席していたのに対し、小池氏の頭上にはスタッフが傘を差しかけていたこともテレビ中継され、批判を助長させる結果となってしまった。

■謝罪に追い込まれた小池都知事

炎上騒ぎの大きさに小池氏も"やばい!"と思ったのでしょう、すぐに「大変失礼しました。」謝罪コメントを出しましたが、さすがにこれは遅すぎました。

皇族の方々を見習ってほしい

ツイッターでは、小池都知事の横柄に見える態度を、「比較するのもおこがましいけど」とことわりながら皇族の方々の式典におけるお姿がツイートされ、感銘を新たにしてくれました。

■ツイッターのコメントは...

やはり日頃の心構えがこういう時に現れてしまうのでしょうね。

ネットの反応

・秋篠宮も小室の件を片付けないとそっちで炎上しちゃうよ
・皇室はかくあるべき...とはいえ帽子くらいかぶっていても良かったのでは?!
・小池さんも手袋くらいして表彰式が終わるまでしゃきっとしてるべきだったのに
・ポケットに手を入れた姿が公の場ではどれだけみっともなく映るか想像力がなかったのかな

小池さんの任期がラストとなる2020年東京オリンピックの開会式は大丈夫でしょうか?もしかして閉会式は新都知事が挨拶することになっているかも?!

出典:Twitter いいね!ニュース ZAKZAK 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ