【驚愕】人気漫画家・井上雄彦が5年ぶりに『スラムダンク』を描いた結果…ファンは驚喜?!失望?!

人気バスケット漫画『スラムダンク』のイラストを、原作者の井上雄彦が5年ぶりに描きファンを驚喜させました。

【驚愕】人気漫画家・井上雄彦が5年ぶりに『スラムダンク』を描いた結果…ファンは驚喜?!失望?!のイメージ

目次

  1. 15年ぶりの『スラムダンク』イラストとは
  2. 2ファンも感激の声を上げ
  3. 3スラムダンク奨学金について
  4. 4しかし、コアなファンの反応は・・・
  5. 5ネットの反応

5年ぶりの『スラムダンク』イラストとは

井上雄彦と集英社が行っている『スラムダンク奨学金』の第10期生募集開始に合わせて、久々にスラムダンクのキャラクターを描いたのです。

作者の井上雄彦もツイートしました。

ファンも感激の声を上げ

ファンからも喜びの声が多数上がりました。

井上先生も自身のTwitterで「久しぶりに描きました」と報告。ファンからも「今見ても、熱気が蘇る」「涙がでました」「いつか第二部が始まると思って信じて待ってます!」などと感激の声があがっていました。

スラムダンク奨学金について

バスケットボールに真剣に取り組む高校生を対象とした支援制度です。

スラムダンク奨学金(すらむだんくしょうがくきん)は、漫画家の井上雄彦が創設した奨学金制度である。バスケットボールに取り組み、高校卒業後も競技を続けることを希望する高校生を対象とし、奨学生はアメリカの大学へ進学することを目的としたプレップスクールに派遣される。

バスケットボールを題材にした漫画『SLAM DUNK』の作者である井上が、バスケットボールへの恩返しの意味を込めて創設した。奨学金の原資は『SLAM DUNK』の印税と、その版元である集英社によるものである。

これはファンにとっては最高の贈り物でしょう。

しかし、コアなファンの反応は・・・

何か違うんだよなぁっていう反応が多かったのです...

なんか違うンゴねえ

やっぱうめえわ

角張ってる

沢北は誰をトレスしてるんやろか

花道が高3になったらこんな感じやろ

桜木の頭おかしいし 流川の体もおかしい

高橋ヒロシっぽい

筆ばっかり使ってるからな

DEARBOYSみたいになっとるやん

まるで成長していない

流川カッケェ

ゴリラ描こうとしたら偶然花道かけちゃいました的な

上手いとは思うけどトレース感が半端ないんだが

上手いけどポーズはトレスやろこれ

違うって意見多いんだよなあ…

荒木と比べたら劣化具合は天と地やな

井上は単純に下手になってないからな、いい意味で変わってる

スカート履いてるみたいになってて草

画風変わったけど全然いけるよな なんつーか、大人の漫画になってる

桜木が変

ユニフォームでかすぎ定期

絵がリアルになってるなぁ、もうスラダンじゃない

花道また髪切ったんか

漫画のキャラクターは作者の腕が練れて行くに従い、変化していくものですからね。

ネットの反応

・絵が変わっているに決まってるって先入観で語られてる気がするよな。最終巻あたりなんてまんまこんな方向の絵だった
・人間を描く時実際のポージングを真似するのは絵を描く時の基本やろ
・5年ぶりに『スラムダンク』に会えただけで感激!
・今の絵は、これはこれで良いんじゃないの....

デッサン云々の不満の声もありますが、ちょっと見には分かりません。人気キャラクターに再会できただけでも嬉しいことです。

出典:ねとらぼ  ポリー速報  http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1451238113/
 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ