【驚き!】居眠りで、体が急に「ビクッ」となるのは、何故だろう?衝撃の真実!

居眠りしてて、体が急に「ビクッ」となるのは、何故なのか。それは体からのサインだった!衝撃の真実!

【驚き!】居眠りで、体が急に「ビクッ」となるのは、何故だろう?衝撃の真実!のイメージ

目次

  1. 1居眠りしてて、体がビクッと・・・
  2. 2ジャーキングという現象
  3. 3ジャーキングとミオクローヌス
  4. 4ジャーキングの予防
  5. 5ネットの反応

居眠りしてて、体がビクッと・・・

みなさんは、居眠り中、体が急にビクッとなって、
驚いて目が覚めてしまうことがありませんか。

無理な体勢で寝ていると、大脳が、
「血流が悪くなっているから、体の向きを変えろ!」と、
そんなサインを送っているというのです。

居眠り中に、体がビクッとなる現象は、
ジャーキングと呼ばれている現象です。

ジャーキングという現象

睡眠中に、不意に身体が「ビクッ」となる経験をした人が、
少なくないでしょう。いや、多いのではないでしょうか?

「寝ピク」と呼ばれていることもあります。
この身体現象は「ジャーキング」という名称で知られています。

ジャーキングは無意識に起こる厄介な現象なのです。

夜の睡眠時だけではありません。うたたねや、昼寝のときにも、
起こります。ジャーキングは、身体の筋肉が痙攣して起きます。

筋肉が緊張したまま眠ったり、
脳が上手く休めていないときなどに起こりやすいとされています。

睡眠と覚醒の間で、大脳から出た指令で、
筋肉がビクッと痙攣してしまう現象です。

ストレスを抱えていると、
ジャーキングが起きる原因になりやすいと言われています。

ジャーキングとミオクローヌス

ジャーキングは、入眠時に起こりやすいものです。
筋肉の無意識(不随意的)に、生じる痙攣と言えます。

ミオクローヌスという、筋肉の不随意運動の一種なのです。

ジャーキングは、珍しい現象ではありません。
疲労の強いとき、寝心地の悪い状況で起きやすくなるとされています。

ジャーキングの予防

ジャーキングは、無意識に身体が動いてしまうため、
ベッドからの転落、周囲の物への打撲の可能性も考えられます。
危険な現象なのです。

ジャーキングを防ぐには、睡眠に適した体勢で眠る事が必要です。
少しの時間であっても、仮眠室を使ったり、いい体勢で睡眠を取って下さい。

身体をリラックスさせることが大切です。
襟やベルトを緩めるなど、服装の締め付けを軽減する事も必要です。

マットレスの硬さを変えてみるとか、
質のいい睡眠を心掛けて下さい。

ストレスを軽減させることも、
大いに効果があります。ジャーキングを防いでください。

ネットの反応

・質のいい睡眠を心掛けないといけない
・精神にストレスを抱えてもイケないんだ
・浅い睡眠に気をつけよう。
・ある意味、ジャーキングは危険でもある。予防が大切だ。

睡眠中に、体がビクッと反応するジャーキングという現象。
ジャーキングは、時と場合によって危険が生じます。予防が大切です。

出典:ライブドアニュース , みやけ内科・循環器科 院長ブログ , RAYCOP

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ