テレビ関係者が明かした全芸能人の中でもスタッフから最恐レベルで嫌われている芸能人10選

テレビ局のスタッフが声をそろえて『アイツとだけは仕事したくない!』と嫌う芸能人10人を暴露しちゃいます。理由を聞けば納得!「これは人間失格かも?!」

テレビ関係者が明かした全芸能人の中でもスタッフから最恐レベルで嫌われている芸能人10選のイメージ

目次

  1. 1テレビ局スタッフが暴露した「一緒に仕事したくない芸能人」10選!
  2. 2ネットの反応

テレビ局スタッフが暴露した「一緒に仕事したくない芸能人」10選!

人気商売の芸能人も裏表の激しい人がいます。そういう人は裏方スタッフからは丸わかりだそうです。

テレビカメラの前では精いっぱい愛想を振りまいて好感度アップを狙っていても、裏方のスタッフには手のひら返したような我満ぶりを発揮するため、いつの間にか業界関係者の間では"現場で嫌われているタレント"とレッテルが張られているのです。

では現場スタッフが名指しする「嫌われタレント10人」とはどんな人たちでしょうか?

①りゅうちぇる

■嫌われた理由:金にがめつくなった

「近頃“嫌われタレント”の仲間入りを果たしたのは、りゅうちぇる。もともと“ぺこ”ことオクヒラテツコの彼氏として露出を増やした読者モデルですが、最近はギャラにうるさくなってきた。

また、派手なファッションとメイク、中性的なしゃべり方がウケていますが、オネエタレントと絡むのを嫌がります。ただし、大物のマツコ・デラックスだけはOKというから呆れたものです」(テレビ局プロデューサー)

②オリエンタルラジオ・中田敦彦

近頃はコメンテーターとしての側面が強く、時にその過激な発言は炎上騒ぎに発展しています。インテリ芸人としても売っているので、現場ではともかく上から目線でエラそうなのだとか...

テレビ局スタッフが語ります...

「上から目線、高圧的な言動を不快に思うスタッフは以前から多かった。それに加え、最近の中田は『将来は政治家になる』とまで言い出し、陰では“勘違い芸能人”の筆頭格だと苦笑されていますよ」

また中田はタレントの福田萌との間に子供を授かり、吉本興業に育休を申請したところ、先輩芸人とひと悶着あったとか...

「先輩芸人が『お前レベルが何言ってんの?』とザワついたとか。とはいえ、“売れていたら育休を取れる”というルールが存在するわけでもないのですが。」

※同テレビ局スタッフの話

③内村光良のマネージャー

2年連続紅白の司会を務めたのになぜ?

各テレビ局スタッフから「全芸能人の中で最恐レベル」と恐れられ、嫌われているのが内村光良のマネージャーだとか...

「内村のマネジャーはとにかく偉そうで、制作サイドに怒鳴り散らしながら無茶な要求をすることが日常茶飯事とのこと。各テレビ局は、ジャニーズ事務所担当の“J担”、バーニングプロダクション担当の“B担”に加えて、マセキ芸能社用の“M担”を作って、対応策を練っていますよ。

内村が悪いわけではないのに、業界では『内村の番組なんて、大コケして潰れろ!』といった声が聞かれるほど、マネジャーを毛嫌いする関係者が増加しています」(テレビ局スタッフ)

④檀れい

楽屋にこもりきり、出てきたと思ったらムッとしたまま、
末端スタッフには目も合わせようとも挨拶もなし。

局の上層部の人間が現れると、打って変わって
『金麦』CMの笑顔で甘え、ボディタッチですからね。
どこが好感度女優なんですが」(制作会社AD)
(以上引用 アサヒ芸能)

⑤相武紗季

ドラマ「家政婦のミタ」に出演していたころの話...

家政婦のミタ はメンバー同士仲がよいが、
彼女だけは上層部には愛想よく、末端には冷たい。
スタッフ陣は
『たとえ続編があったとしても、相武とだけはやりたくない』
と口をそろえています。

⑥キングコングの西野亮廣と品川庄司の品川祐

二大嫌われ芸人のツーショット

二人まとめていきます( ´∀` )テレビから受け取れる印象通り裏でも嫌われているそうです。

「制作スタッフからすれば、面倒な芸人として嫌われているのは、キングコングの西野亮廣さんと品川庄司の品川祐さんですかね。このふたりは嫌われ者として世の中的にも知られているので目新しさはないかもしれませんが、業界では安定的に嫌われています」(テレビ番組制作スタッフ)

安定的に嫌われているとはすごい言われようですねsad

⑦松嶋菜々子

ともかく気が強くスタッフにも言いたい放題!夫の反町隆史は完全に尻に敷かれているそうです。

「本人はとても気性が荒く、言いたいことを言わないと気が済まない性格。何があったのか、スタッフもいる場所で、夫の反町隆史さんに松嶋さんが相当イライラした口調で『ハッキリしてよ!』とスゴむ場面を目撃しましたね」

 
夫婦喧嘩はともかく、仕事相手にも言いたい放題だという。


「雑誌の撮影後はとにかく『シミを消せ。シワを消せ』とうるさいなんてもんじゃない。人気があるから載せますが、仕事のたびに気がめいります」(雑誌編集者)

⑧黒木瞳

ドラマ『黄昏流星群』では、薄幸な独身女性を演じていましたが、素顔は真逆の真っ黒けだそうです( ´∀` )

「とにかくヘビースモーカー。撮影中、一服する黒木さんを待って撮影が中断する“タバコ待ち”があるほど。実際、彼女が道に吸い殻を捨てるのを目撃したスタッフもいます」(テレビ関係者)

最近はスタッフに愛想を振りまくようになったという声も聴かれましたが、時すでに遅し...ある芸能関係者が語気を強めて言い放ちました。

「人気度がイモトより下で、ざまあみろですよ!」

⑨米倉涼子

気分屋・米倉涼子

「ふだんは挨拶をしても見向きもされません。ですが、最近は『ドクターX』(テレビ朝日)で昨年のドラマ最高視聴率を記録したせいか、やたら上機嫌。『おはようございます。今日も天気がいいですね』ですからね。逆にどう対処してよいやら‥‥」

※ある制作会社関係者のお話

「気分屋で取っつきにくい」...もっとも仕事したくないタイプですね。

⑩明石家さんま

大御所過ぎて誰も文句言えない...

好感度NO.1のさんまにも、最近はスタッフから不満が漏れ聞こえてきます。番組進行の上でいつもかき回されてハラハラさせられているそうです。

明石家さんまさんはこれまで大御所すぎて陰口もいえない相手でしたが、SMAP騒動で軽口を叩いたことをキッカケに陰口がたくさん聞かれるようになりました。

特に近年のさんまさんはコントロールがきかなくなっていて、エンディングで発表する内容をオープニングで喋ってしまったり、スポンサーの都合で黙っていなければならないことを話してしまったりと、凡ミスが多かったんです。そんな愚痴があらゆるところで聞かれるようになり、嫌われているのを実感しますね」(番組制作会社スタッフ)

芸能界が如何に特殊な世界かが良くわかる裏話でした。

ネットの反応

・りゅうちぇるはもう消えたんじゃないの?若者の代弁者づらってバカすぎる( ´∀` )
・オリラジ中田は勘違い芸人だったね。良いことも言っていたのだが...
・黒木瞳が未だにドラマの役をもらえるのは七不思議...電通旦那のおかげ??
・反町隆史に最近冴えが見られないのは松嶋菜々子のせいか?!

人の口に戸は立てられぬと言いますから全て鵜呑みにするわけにはいきませんが、この人たちの真実の一端であることは間違いないでしょう。

出典:サイゾーウーマン NAVERまとめ TOCANA Asagei+Plus 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ