【良い話】熊本地震でダレノガレ明美が実行した一味違うボランティアとは?

2016年発生した熊本地震の被災地に、ダレノガレ明美が「今まで見られなかったボランティア活動」を実行し、地元民から称賛を浴びました。彼女が目を付けた地元の人に寄り添った行動とは?

【良い話】熊本地震でダレノガレ明美が実行した一味違うボランティアとは?のイメージ

目次

  1. 1熊本被災地の動物病院を訪れたダレノガレ明美
  2. 2益城幼稚園を訪問したダレノガレ明美
  3. 3ネットの反応

熊本被災地の動物病院を訪れたダレノガレ明美

■被災地訪問をSNSで報告したダレノガレ明美

2016年5月3日、タレントのダレノガレ明美が熊本地震で震度7を記録した被災地・益城町(熊本市内)の竜之介動物病院を訪問しました。

避難所も兼ねた同病院は、被災された人々を始め、ペットも担ぎ込まれていたのです。そんなペット愛好家の人にとって助けとなる動物用の物資を多く持ち込んだダレノガレ明美は地元でも大変感謝されたそうです。

なぜなら被災地でペットは、諸々の問題(鳴き声や臭い、物資不足の問題)から避難所での受け入れを拒否されること多いからです。だから泣く泣くペットを手放す飼い主もいるとか...

そんな事情に胸を痛めていたダレノガレ明美は、元々動物愛護に関心が高かったことも相まってボランティア参加に繋がったのです。

■竜之介動物病院を訪問した時の様子

避難した動物たちに温かく「頑張ってね」と声をかけるダレノガレ明美

益城幼稚園を訪問したダレノガレ明美

勿論、人間用の生活物資も多く持ち込まれ、益城町での炊き出しにも積極的に参加したダレノガレ明美は、益城幼稚園も訪れ温かいスープなど提供したそうです。

益城幼稚園は園児始め近隣の人々の避難所も兼ねていたのです。そこで園児らへのサポートの様子もインスタにアップされていました。

忙しいタレント活動の合間を縫って、1週間もボランティア活動に従事したダレノガレ明美に、地元の人々も感謝の言葉を贈りました。

熊本に来てくれてありがとうございましま(੭*ˊ꒳​ˋ)੭♡🍟♡*°♡*°また是非来て下さい😉💓待ってます✩°。⋆

熊本に来て下さってありがとうございます! この度の震災で人との助け合いがどれだけ大切かとか、思いやりの大切さが身にしみて分かりました。少しずつではありますが熊本県民がんばって復興していってます!また、熊本に遊びにきてください💫

優しさは繋がっていく(*^^*)♥優しさの輪が、熊本にもっともっと広がっていきますように(^^)来てくれてほんとありがとうございました✨

ボランティア参加前にはツイッターに"指操作だけなら簡単、何か行動できないの?"といった中傷や非難のコメントを受けていたというダレノガレ明美、でも今回の被災地訪問で有言実行を証明出来ました。

そんな充実した心境を帰宅後、SNSに綴りました。

「たくさん叩かれたり、中傷されたけどやっぱり行ってよかった!」

素晴らしいボランティア活動だったと思います。

ネットの反応

・本当、自分でもネコ飼っているのに考えつかなかった。良く気が付いたね、行動するところが偉いなぁ〜❗️いっぺんにファンになっちゃうね❗️
・素晴らしい。。。テレビとかではもっとサバサバしてて「自分中心」みたいな雰囲気が有ったからもっと冷たい人やと思ってた、、ゴメンなさい。
・有言実行立派でした。お疲れさま♪
・ペットも避難民なんだよねblush

時々おバカな言動でネガティブな印象を持たれることも多かったダレノガレ明美ですが、根は真面目で優しく努力家だという事が伝わりました。

出典:Lenon modelpress Instagram 肥後ジャーナル 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ