生後10か月間虐待を受け骨が浮き出るほど痩せ細った犬!でも男性の優しさが思いがけない展開に…

スパゲッティのように骨が全身を浮き出た犬が発見された!その犬は生後10か月の間、虐待を受けていました。しかし彼を発見した男性の優しさが犬を救うことになったのです。

生後10か月間虐待を受け骨が浮き出るほど痩せ細った犬!でも男性の優しさが思いがけない展開に…のイメージ

目次

  1. 1骨が浮き出るほど痩せ細った犬
  2. 2バリラは生後10か月だった!
  3. 3バリラに惚れ込んだ人
  4. 4ネットの反応

骨が浮き出るほど痩せ細った犬

その犬はスペインの南部で発見されました。骨が浮き出るほど虐待されていた犬...

その様子はスパゲッティのように見えることから、犬はイタリアの有名パスタブランド名にちなんで「バリラ」と名付けられました。

バリラはまだ生きることをあきらめていませんでした。獣医は循環器系の衰弱を整えるために点滴治療から開始し、徐々に水や食べ物を与えていきました。

バリラは生後10か月だった!

毎日5,6回に小分けした食事を与えられたバリラは徐々に体重も増えていきました。

なぜバリラはこのような虐待を受けることになったのか?バリラを発見した人によると、その時この犬は生後10か月ほどだったと言います。

生まれてからずっと飼い主はこの犬にろくな食べ物も水を与えずに閉じ込められていたのではないか?そう推測されました。

それでも死ななかったバリラの生命力に驚かされます!そんなバリラを何とか救ってあげようと介護者は賢明にバリラを世話しました。

その気持ちがバリラにも伝わったのでしょう。人間にも良い心を持った人がいるんだと分かり、バリラの精神状態も落ち着いたようです。

回復した姿がコチラ。ベルジアン・シェパード・ドッグの血を引いているというバリラはやはり精悍な佇まいを見せます。素敵ですね。

バリラに惚れ込んだ人

健康を取り戻したバリラにとって、今後誰の世話になるか?新しい飼い主の問題が浮上しました。もちろん、元の飼い主に戻すなどあり得ないことです。

しかし、その問題はほどなく解決しました。救助後、バリラの世話をしてきた人がこの犬に惚れ込んでバリラを引きとることを申し出たからです。

バリラを救助したこちらの男性、エドアルド・ロドリゲスさんがバリラにすっかり魅了されてしまい、自ら引き取ることに決めたのです。


バリラを助けてくださったロドリゲスさんなら、バリラも安心ですね。

こうして今、バリラはロドリゲスさんとその奥様と娘さん、さらに5頭の新しい仲間と新しい生活を始めています。

虐待した人間を警察は捜索中とのこと。

バリラの新しい犬生が幸せであることを祈ります。

ネットの反応

・こんなにも ひどい状態になっても 生きようとするバリラちゃんの生命力に感動です。そして 素敵なロドリゲス夫妻に有難うと言いたいですね!!
・犬の生命力ってすごいんだなsurprise
・なぜここまで虐待できるのか(# ゚Д゚)その神経が分からない
・回復したバリラの姿がカッコいい!これは惚れるわ

犬好きの方には胸が締め付けられるような虐待ぶりだでした。でも救ってくれた男性の優しさのおかげで、バリラは幸せな余生を送ることが出来ます。

出典:Lenon 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ