リュウグウノツカイ、浅瀬で泳ぐ姿!鳥取県で世界で珍らしい映像を撮影!

リュウグウノツカイ、世界でも珍しい映像が撮影された!浅瀬で泳ぐ姿を鳥取県で、記録されました。

リュウグウノツカイ、浅瀬で泳ぐ姿!鳥取県で世界で珍らしい映像を撮影!のイメージ

目次

  1. 1リュウグウノツカイが、鳥取県で!
  2. 2堤防に現れ、一生懸命泳いでいます
  3. 3バハ・カリフォルニアで、撮影された
  4. 4リュウグウノツカイの形態とは?
  5. 5ネットの反応

リュウグウノツカイが、鳥取県で!

リュウグウノツカイという海洋生物がいます。
人間の目に触れることは極めて少ないとされています。

そのリュウグウノツカイ。
人間が見かければ、地震予兆などとも噂されます。

鳥取県の浅瀬で、リュウグウノツカイが力強く泳ぐ姿が、
動画に収められ、注目が集まっているのです。

神秘的な姿は、まるで竜のようです。
近年、リュウグウノツカイの目撃情報が増加しているのです。

堤防に現れ、一生懸命泳いでいます

岩の間に、入っています。

堂々と泳いでいます。

鮮明に写っていました。

残念ながら、息絶えてしましました。

バハ・カリフォルニアで、撮影された

鳥取県だけではありません。
メキシコ最北の州、バハ・カリフォルニアでも撮影されていました。

観光客でにぎわう浜辺に突如現れました。
その場に居合わせた全員の目を釘づけにした動画がこちらです。

水中撮影もされています!

波打ち際を、この様に泳いでいたのが、
リュウグウノツカイだとは、本当に驚きの光景でした。

リュウグウノツカイの形態とは?

リュウグウノツカイは、太平洋・インド洋・大西洋など、
世界中の海で生息しています。群れを作らずに単独で生活する深海魚であることが、
知られています。

リュウグウノツカイは、全身が銀白色です。
背びれ・胸びれ・腹びれは鮮やかな紅色を呈しています。

神秘的な姿から「竜宮の使い」と呼ばれているのです。
全長は3mほどなのですが、最大では11m、体重272kgに達した個体が報告されています。

1996年

アメリカ西海岸に漂着

ネットの反応

・地震の前触れに違いない。
・天変地異が起こるんじゃないか!
・深海魚だけに、不気味な姿だ。
・滅多に姿を目にする事はない。貴重な映像

リュウグウノツカイが、漁獲されたり、海岸に漂着したりすると、
大きな話題となります。姿形が珍しく、自然災害の予兆と気味悪がられます。

出典:BUZZ MEDIA , ツイッター(Twitter)ガイド , Wikipedia (ja)

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ