【悲惨】エリート女性社員が、職人を残業させようとして大炎上!その末路に驚愕!

ドボジョ(土木女子)が、職人を残業させようとして大炎上!そのエリート女性社員の末路に驚愕!

【悲惨】エリート女性社員が、職人を残業させようとして大炎上!その末路に驚愕!のイメージ

目次

  1. 1ドボジョの現場での活躍ぶり
  2. 2職人が「どんだけ奴隷にするの?」
  3. 3職人は、オモチャじゃねぇぞ!
  4. 4頑張れ、ドボジョ!
  5. 5ネットの反応

ドボジョの現場での活躍ぶり

リケジョと言えば、理系女子。
そして、ドボジョとは?それは、土木女子のことです。

国交省は、2014年5月に、次の様な方針を発表しています。
土木女子(建設現場で働く女性)を5年で倍増するとのことでした。

その社会的な影響を受けての事だったのかも知れませんね。
2014年9月16日に、放送されたテレビ番組があります。

関ジャニ∞の渋谷すばる、村上信五、横山裕のお三方が、
出演した「明日はどっちだ 土木女子(応援ドキュメント)」です。

職人が「どんだけ奴隷にするの?」

まさに、巨大工事現場に、女性が挑んでいたのです。
現場の資機材段取りや、コンクリート打ちについてが、
当日の番組内容でした。

 

一般視聴者からすると、建設現場がブラックな職場だと、
印象付けられてしまいます。

現実は、そうでもなかったのです。
建設現場ではハプニングがつきもの。

予定通りには、建設が進みません。作業時間が大幅に増える事も、
あり得ます。いや、非常に多い事は、理解しなければなりません。

しかし、現場の職人さんは、朝から体を動かし疲労困憊しています。
その上で、仕事が残業続きとなれば「どんだけ奴隷にするの?」となってしまうのです。

職人は、オモチャじゃねぇぞ!

土木作業現場では、様々なアクシデントがあります。
そして、工期予定自体、ギリギリで余裕が無い事も多いようです。

ではあっても、現場で指揮管理するのが、
女性監督であると、それは男性としても文句の一つも言うのが、
この現場での様子だったようです。

頑張れ、ドボジョ!

様々な会社の運営において、女性の進出がめざましいです。
いや、現場に行くと、女性の方が優れている場合だって少なくありません。

大きなクレーン車だって、操作している女性がいます。
もう既に、経験が17年という優れた女性です。

この女性(井島さん)は、男性と変わらないと、
現場でも評判が高いのでした。

クレーンオペレーターの井島さんは、
現場で大活躍するドボジョでした。あなたもドボジョになってみませんか?

ドボジョの活躍や、ご本人に取材した模様を、
下の動画で紹介しています。是非、ご覧ください。

ネットの反応

・ドボジョに命令されたら、職人が反発するんだよな
・女として見るから、どうしても逆らいたくなるんだろ
・現場の職人だって、分かってるんだよ。でも愚痴だって出る
・現場の管理者は、職人との狭間で、やり繰りが大変だ!

ドボジョ(土木女子)の現場での活躍振りからの一コマです。
現場の男性職人との、コミュニケーションが難しいのがよく分かりました。

出典:2ちゃんねる , 建築現場監督のブログ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ