【※裁判沙汰】ビフォーアフターで2100万円かけて、大失敗!家が崩壊⇒大炎上、訴えた!

人気番組のビフォーアフター。2100円かけて改装し、大失敗で家が崩壊して訴えた。驚愕の大炎上!

【※裁判沙汰】ビフォーアフターで2100万円かけて、大失敗!家が崩壊⇒大炎上、訴えた!のイメージ

目次

  1. 1人気番組企画、ビフォーアフター
  2. 2ビフォーアフターで、住めなくなった家を告白
  3. 3その失敗例の実例とは?
  4. 4匠との打ち合わせ⇒たった2回!
  5. 5ネットの反応

人気番組企画、ビフォーアフター

『大改造!!劇的ビフォーアフター』は、2002年にレギュラー放送を開始しました。
番組開始以降、テレビ朝日の人気番組となりました。

2006年から約3年間のレギュラー放送をお休みしています。
この休止期間には、特別番組として不定期放送をしています。

2009年4月26日からは、再度、レギュラー放送が開始されましたが、
2016年11月27日を最後に2度目のレギュラー放送終了となっています。

2019年現在は、再び特別番組として不定期に、
テレビ番組として、放送されています。

ビフォーアフターで、住めなくなった家を告白

人気司会者の所ジョージさんが番組をもり立てています。
一般視聴者の依頼で、匠と呼ばれる建築士や大工が家や庭を、
リフォームしていく様子は、見るものを引き込む要素がありました。

高い視聴率を誇る人気番組企画だったのですが、
匠と称する建築家・リフォーム業者さんが、全て、
問題のない結果を出しているわけではありませんでした。

全てが依頼者の満足行く結果では無かったのです。
依頼者が実名で抗議し裁判まで起こした例をご紹介します。

2009年11月1日に放送された『アキレス腱を切る家』という回。
中野区でラーメン店・経営者の中薗尚秋さんが依頼者でした。

中薗尚秋さんは「ビフォーアフターに依頼し欠陥住宅にされた。」
「絶対に許せない」と、週刊誌に告発し事件に発展したのです。

その失敗例の実例とは?

中薗尚秋さんの依頼は、築48年の中古住宅です。
10年前に購入されたのですが、
2軒をつなぎ合わせるように増築した、元々が改造住宅だったのです。

その中古住宅には、70cmという大きな段差があり、
非常に危険な状態で、お暮らしになっていたのです。

中薗尚秋さんの告白では、
70cmの段差がそのまま残っているというのです。

外壁の色が違ってしまったし、
2階の部屋は狭く暗くなり、1階は以前より寒くなってしまったと、
ビフォーアフターで、住めない家になってしまったという訴えでした。

匠との打ち合わせ⇒たった2回!

岩山健一さんは、欠陥住宅に詳しい方です。
その日本建築検査研究所の岩山健一さんから、
この中薗尚秋さんの住宅を調査した結果が報告されています。

「リフォーム以前の建物より、品質が悪くなっているという点。基礎、耐力壁、断熱、防火など、あらゆる箇所で瑕疵が見受けられます。」(岩山健一さん)

この様な、住宅のリフォーム・改造においては、
入念な打ち合わせが必要なのは、言うまでもありません。

このビフォーアフターで、重大な欠陥が生じてしまったのです。
コレは、中薗尚秋さんでなくても、納得できないでしょう。

リフォーム施工前は、手書きの見取り図など、たったの2枚だけだったとか。
そして、作業明細もなく、匠とは、完成までに2回しか会っていないとの告発です。

ビフォーアフターは、他にも、リフォーム後に、
トラブルが生じています。テレビの企画に騙されて、
安易に、匠に依頼してしまうのは大きな落とし穴です。ご注意下さい。

ネットの反応

・匠って言っても、色んな業者がいるから。
・施工する業者に、当たり外れがあるって話だよ。
・テレビ番組だから許されると、安易に工事してるんじゃないか。
・2100万払って、こんなリフォーム結果なら、不満が募ったんだろう!

『大改造!!劇的ビフォーアフター』で依頼者が訴訟を起こしたお話です。
不完全なリフォーム結果に、憤りを感じての行動でした。
テレビ局は、充分な調査をして、放送した責任を果たさないとイケません。

出典:ゆーまブログ , J-CASTテレビウォッチ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ