【恐怖】東京都町田市で起きたダンプカー小1轢逃げ事件!被害者倉田遼太郎君の事故直前の映像がヤバい!

交差点を渡ろうとした小1男児が左折してきたトラックに轢かれ、トラックはそのまま逃げ去るというひき逃げ事故が発生しました。その様子が防犯カメラに映っていたことがトラック運転手逮捕の決め手となったのです。

【恐怖】東京都町田市で起きたダンプカー小1轢逃げ事件!被害者倉田遼太郎君の事故直前の映像がヤバい!のイメージ

目次

  1. 1小1男児が横断歩道でトラックに轢き逃げされる!
  2. 2事故直前の映像には何が映っていた?
  3. 3ネットの反応

小1男児が横断歩道でトラックに轢き逃げされる!

轢き逃げ事故が起こったのは2016年2月17日の朝、ちょうど登校時間と重なっていました。被害者は小学1年の男児でした。横断歩道を渡っていたところ、左折のトラックに巻き込まれてしまいました。

17日午前8時前、東京・町田市鶴間の交差点で、横断歩道を渡っていた近くに住む小学1年生、倉田遼太郎くん(7)がダンプカーにひかれました。警視庁によりますと、倉田くんは頭を強く打って病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡しました。

これまでの調べによりますと、倉田くんは登校途中で、横断歩道の途中で、左折しようとしたダンプカーにひかれたということです。ダンプカーはその場から走り去り、警視庁がひき逃げ事件として捜査していたところ、およそ30分後に現場から3キロほど離れた路上で警察官が発見したということです。警視庁は60代の運転手の身柄を確保して事情を聴いていて、まもなく、ひき逃げなどの疑いで逮捕する方針です。

■↓トラックの下敷きになった男の子のランドセルが確認できます。そこには血らしきものが滲んでいるように見えます。

事故直前の映像には何が映っていた?

防犯カメラには事故直前の男の子とトラックの様子が映っていました。アップされた映像は削除されています。映し出された内容は以下の通りです。

東京・町田市の交差点を映した防犯カメラの映像では、亡くなった倉田遼太郎くんとみられる男の子がランドセルを背負って駆け足で交差点を渡ろうとしています。同時に、画面の右側に白っぽいダンプカーが交差点を左折してくる様子が確認できます。ダンプカーは横断歩道にさしかかっても停止することなく走っています。この直後に男の子がひかれたとみられます。

また、別のカメラの映像では、左折してきたトラックが走り去ったあとに、横断歩道の上に子どもが倒れているように見えます。この後、近くにいた人たちがひき逃げに気づいて、不安そうに現場に集まってくる様子も映っています。

一時停止もしていないとはトラックの過失は重いものになります。

男の子は剣道を頑張って稽古していた明るい元気な子だったそうです。将来は宇宙飛行士か医者になりたいと夢を両親に語っていたという遼太郎くん。家族の悲しみは想像を絶するものだったでしょう。

こんな悲惨な事故は二度と起こってはいけません。

ネットの反応

・なぜ確認しないの? 
・人を轢いたと思ったからそのまま逃げたんでしょ?
・横断歩道だって安心できない。信号青だって一旦左右を確認するのは常識
・子供気の毒すぎるcrying

トラックによる小さな子供の巻き込まれ事故(大型車が左折の際など)が多いですね。もしトラックの運転席から死角があるとしたら大変危険です。

出典:ガールズちゃんねる taroozaの不思議の謎解き 邯鄲(かんたん)の夢 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ