【胸糞注意】元同級生の少女を生き埋めにして惨殺した18歳少女たちの余りに"冷酷すぎる世界"

2015年4月、千葉県芝山町の畑で、生き埋めにされて殺害された18歳の少女の遺体が発見されました。犯行は元同級生の少女と、その男友達によるものでした。殺害された少女は正座したまま上半身仰向けにのけ反らせて苦悶の表情を残していたという...18歳の少女が狂気に駆られた冷酷な世界とは...

【胸糞注意】元同級生の少女を生き埋めにして惨殺した18歳少女たちの余りに"冷酷すぎる世界"のイメージ

目次

  1. 1犯行に関わった人物の関係は?
  2. 2犯行動機は?
  3. 3拉致、そして人里離れた畑で『死刑宣告』
  4. 4犯行自慢によって事件発覚へ
  5. 5ネットの反応

犯行に関わった人物の関係は?

2015年4月、18歳の少女が千葉県芝山町の畑に生き埋めにされて殺害された事件はショッキングなものでした。しかも犯行は元同級生の少女が中心となって起こしたものだったのです。何故彼女たちはこのような冷酷無比な事件を引き起こしたのでしょうか?

遺体発見現場で鑑識作業中の捜査員

千葉県芝山町の畑から4月に遺体で見つかった、生き埋めにされたとみられる18歳の少女は、苦しみに耐えかねたのか、土砂の重みにつぶされたのか、正座したまま上半身があおむけに大きくのけぞる不自然な姿勢だったという。冷酷な所業の半面、犯行を楽しむかのように「ジョン」「ケイ」などと偽名も使っていた20歳前後の容疑者グループ4人の中心となっていたのは、かつては「少女と仲がよかった」という元同級生の少女だった疑いが強まっている。(千葉総局 山本浩輔)

被害者の少女と加害者の少女は高校時代同級生で仲も良かったとのこと。以下に事件の関係者と相関図を貼ります。

被害者は船橋市に住む職業不詳の野口愛永さん(のぐちまなえ・18歳)

野口愛永さん

少女の財布などを奪い土中に埋めて殺害したとして、千葉県警船橋東署捜査本部が今月13日に強盗殺人容疑で再逮捕したのは、高校の元同級生で以前から交流があり、犯行を計画したとみられる少女(18)と、この少女の知人だった住居不定、無職の井出裕輝容疑者(20)、中野翔太容疑者(20)、東京都葛飾区の少年(17)の4人。いずれも4月23、24日、レンタカーに被害者の少女を乗せた監禁容疑で逮捕されていた。

井出裕輝容疑者(20歳)

中野容疑者の知人 少女たちとはあまり面識が無かったという

中野翔太容疑者(20歳)

井出容疑者以外とは全く面識は無かった

湯浅成美容疑者(18歳)

殺害計画の主導者

東京都葛飾区の少年(17)

湯浅成美容疑者の彼氏だった

『少女』とは湯浅成美容疑者のことです

犯行動機は?

野口さんと湯浅成美の間で金銭と男(ホスト)をめぐるトラブルがあったようです。二人は高校の同級生だったが、中退して遊び惚けていました。どうも、この辺から道を踏み外していったようです。

少女の中学時代の後輩によると、少女は船橋市内の市立中学校時代、テニス部に所属。テニスがうまく後輩の面倒見もいい一方で、男子との派手な交際や喫煙・飲酒の噂が広がるなど、素行面で問題のある一面もあったという。

 卒業後には、少女は後輩らに「高校を中退した」と話していたという。近所に住む高校生の女子生徒は「万引で補導されたと聞いたことがある」と説明。同じく近所の主婦は「中学卒業前後くらいから、男の人の運転するバイクの後ろに乗っている姿を見かけるようになった」と話す。

 少女を知る別の女性は、被害者の少女と「少女は高校時代に仲が良かった」と話す一方、「金銭関係でもめていたと聞いた」と、2人の間にトラブルがあったことも語る。

↑の少女とは湯浅成美のことです。

野口愛永さんは高校を中退すると、船橋の家を出て栄町の繁華街などで遊んでいたと言います。そのうちホストクラブ通いに嵌ってしまいます。恐らく湯浅成美も同様にホストに入れあげていたと思われます。

野口さんはホストクラブ遊びの資金作りに栄町のキャバクラなどでバイトをしまくります。それでも金が足りず、湯浅ら友人たちにも金を借りていました。

しかし、野口さんがホストに入れあげてしまっているので、借金を返済することなど出来ず、しらばっくれていたそうです。しかも卒業アルバムも借りっぱなしで返さなかったとか。

少女は県警の調べに対して、「カネを貸していた。(被害者の少女は)友人の卒業アルバムも返していなかった」などと、借りたものをたびたび返さなかった被害者の少女への不満について供述しているという。

野口愛永さんはホストに入れあげ、100万円もするシャンパンタワーまで頼んでいたと言います。湯浅成美は「ホストの男性を取られると思った」と供述しているので、金銭だけでなくホストの取り合いによるトラブルも殺害動機にあったかもしれません。

被害者・野口愛永さんが入れ込んでいたホストがこちら↓

拉致、そして人里離れた畑で『死刑宣告』

金を返さない、ホストの男の取り合い、卒業アルバムを返さない(消費者金融での証明書写真に使った?)等々から湯浅成美は野口さんに対する恨み骨髄に達し、"あいつを殺ってやる"と友人たちにLINEで死刑宣告までしていました。まさに狂気です。

A子は友人にLINEで「やる」と伝えていた。しかし、待ち構えていた19日朝(2015年4月)に野口さんを見つけることができず、友人が「やめたの」と聞くと、「やめたんじゃなくて、よなかにかえた」と返事が返ってきたという。

※A子とは湯浅成美のこと

そして犯行当日、成美は男友達を使って野口さんを拉致します。そして井出容疑者の親せきが所有する芝山町の畑まで野口さんを連れ込みました。成田空港にほど近く、夜は全く人気のない寂しい場所です。

県警の調べなどによると、被害者の少女は4月19日夜、千葉市中央区の繁華街を友人と2人で歩いているところを声をかけられ、少年が運転し、少女が同乗していた乗用車に乗車。数百メートル先で車を降り、井出、中野両容疑者の待つ白いレンタカーに乗せられた。

(中略)

被害者の少女はこのまま4人に2~3時間連れ回された後、成田空港近くの芝山町の畑で埋められたとみられている。ここなら、発覚されないと思ったのだろうか、畑は井出容疑者の親族が所有しており、被害者の少女が埋められた穴の大きさは開口部が1メートル×1・5メートル、深さは1メートルほどあった。

遺体発見場所

17歳の少年と井出容疑者、中野容疑者らはそれまで全く面識がなかったと言います。成美に引きずられるように残虐な殺人を実行した3人の男たち...もはや理性や感情が欠落していたとしか思えません。

供述によると犯行の様子は実に残虐でした。"死にたくない!"と泣き叫ぶ野口さんを容赦なく粘着テープや結束バンドで縛りあげていきました...

成美は友人に、「口に靴下入れて、根性焼きとかやって、ボコボコにして生き埋めにした」と話していたそうです。

野口さんは頭からポリ袋をかぶせられ、口には靴下を突っ込まれた後に粘着テープ、手足は結束バンドで固定された後、約1メートルの深さに正座した状態で埋められていました。

犯行自慢によって事件発覚へ

一見計画的犯行のようで、実に短絡的な側面も見せた事件でした。彼らは犯行後、LINEや口頭で友人たちに自慢げに犯行模様を語っていたそうです。そこから発覚し逮捕につながったのですから、以下に彼らが愚かであるか分かるというものです。

少女は犯行の前後、友人に自分の思いや犯行の様子を明かしており、これが早期の逮捕に繋がった。

ある捜査関係者は「多少の計画性はあるが、友人に犯行について話すなどあまりにも短絡的。動機らしい動機も調べを進めているが、見当たらない」とする。

別の捜査関係者は「女性同士のいさかいが発端であることは確か。それが重大事件に発展してしまったのかもしれない」と話している。

集団心理による犯行の側面も感じられますが、20前後の若者グループの"冷酷すぎる世界"にぞっとします。

ネットの反応

・同じように、生き埋めでの死刑でしょ。 
・残念ながら無期じゃないの?被害者1人だから… つか今は違うの?今回の殺害は確かに残虐だが。 
・千葉の田舎は闇が深すぎる....
・犯行前にLINEで殺すの殺さないのってやり取りしてるとは、その友人ってのもおかしい!なぜ通報しなかった!

少年犯罪は集団による犯行が多く、得てして集団心理から残虐行為に走りがちです。加害者も被害者も家庭環境に問題を抱えているケースが多数を占めます。

出典:5ちゃんねる  産経ニュース  社会ニュース速報&続報まとめ  JCASTテレビウォッチ

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ