【衝撃】真栄田賢の不倫は100回以上・・・テレビから消えたスリムクラブの現在は!?

M-1グランプリ準優勝で一躍人気者になったお笑いコンビ・スリムクラブはどうしてパッとせずテレビから消えてしまったのか!?

【衝撃】真栄田賢の不倫は100回以上・・・テレビから消えたスリムクラブの現在は!?のイメージ

目次

  1. 1テレビから消えたスリムクラブの現在
  2. 2スリムクラブが消えた理由
  3. 3ネットの反応

テレビから消えたスリムクラブの現在

沖縄出身の真栄田賢と内間政成のお笑いコンビ・スリムクラブ。

2人は琉球大学の先輩・後輩の関係で知り合い、1997年にコンビを結成しています。

2003年に東京進出を果たし、日本テレビ『エンタの神様』にフランケンシュタインのパロディの「フランチェン」というキャラクターで出演し、知名度を上げました。

真栄田賢によると、『エンタの神様』出演当時の月収は50万円だったそうですが、『エンタの神様』をクビになると月収5000円に落ち込んでしまったとか。

当時交際中だった妻を沖縄から呼び寄せたのに収入がなくなってしまい、街中では「一発屋」と陰口を叩かれる始末。

しかし転機はすぐにやってきました。2010年の年末に行われた『M-1グランプリ』で決勝進出し、準優勝したことで一気に注目を集める存在となったのです。

知名度が上がり、一気に仕事を増やしたスリムクラブ。しかし今はコンビでのレギュラー番組はなく、ピンでのレギュラーが1本ずつ。どうして消えてしまったのでしょうか?

スリムクラブが消えた理由

スリムクラブがテレビの仕事が増えない理由として考えられるのは、ハスキーボイスの真栄田賢と独特のスローテンポで話す内間政成、どちらもアドリブを重視するバラエティでは使いにくいのではないかということ。

彼らの漫才やコントは独特の世界観があり、他のお笑い芸人に真似をされることのないものですが、ひな壇でのトークを求められるバラエティ番組が多いテレビ業界では不利な面があります。

もう一つは、真栄田賢の浮気癖。これまで100回以上も不倫しているのだとか・・・

週刊文春やフライデーで不倫を報道されたこともありますが、あれはその一部だといい

「あれに出たのは氷山の一角です。雑誌に載ってないやつですが、一般の方とそういうことになりまして、私が本気になってしまいました」

テレビはイメージが悪くなると使いにくくなります。それがテレビでの露出が増えない理由の一つかもしれません。

ネタは面白いんですけどねー

ネットの反応

・あの声はお茶の間向きじゃないわなw
・全力坂で女を追いかける内間は好きだぞwww
・もっとネタ芸を見せて欲しいわ
・ナイトスクープに出てるから消えた印象はなかった

M-1グランプリで知名度が上がってもバラエティに出続けるのは大変です
新しい芸人が出てきて生き残るのは本当にわずかですね

出典:107キロ会社員の満腹日記, AbemaTIMES

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ