【※大炎上】DQNが子グマを殴殺し、ドヤ顔で投稿!⇒『逮捕しろ!』と批判殺到!

DQNが子グマを殴り殺して、ドヤ顔でツイッターに投稿!日本中から批判殺到で、アカウント凍結に追い込まれた!

【※大炎上】DQNが子グマを殴殺し、ドヤ顔で投稿!⇒『逮捕しろ!』と批判殺到!のイメージ

目次

  1. 1DQNが、子グマを倒して、投稿!
  2. 2ツイッター、大炎上!
  3. 3殺害したなら鳥獣保護法違反!
  4. 4ネットの反応

DQNが、子グマを倒して、投稿!

DQNが子グマを、車で撥ね殺しました。
そして、自分が殴って殺し仕留めたかのように・・・

自分の手柄のように、ドヤ顔で撮影。
写真を投稿・ツイートして、大炎上したのです。

ツイッター、大炎上!

この様な写真は、動物虐待と受け止められます。
ツイッターユーザーの間で、大炎上となりました。

当然、コラ画像もたくさん出回ります。
不謹慎ですが、いくつか、コラ画像を掲載します。

後方に、母熊が登場しているかのごとき、画像。話題になりました。

さらには、クマに人間が、仕留められたコラ画像まで出る始末です。

この写真投稿したDQNさんは、
腕と脚にタトゥーが入って、さも得意げな眼差。その顔貌にも批判が殺到したのです!

殺害したなら鳥獣保護法違反!

ネットでは、子グマを殺したならば、
「鳥獣保護法違反に当たる」とまで指摘されています。

兎に角、可愛い子グマを、殺した殺さないよりも、
可哀想な姿を、投稿してさらし者にした行為は言語道断!

動物愛護の精神からも、残虐な画像を投稿することは、止めてください。

ネットの反応

・やり過ぎなんだよ!
・コイツの面見ると胸が悪いわ!
・考えないで写真を投稿すると酷い目に遭うぞ。
・子グマがいるって事は近くに母熊が居るがな

ヒドい、残虐写真をツイートして、大炎上した事例でした。
当然、ツイッターアカウントが凍結の事態に、追い込まれたDQNでした。

出典:BrandNewS , おもしろチャンネル

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ