【これはアカン】パワハラ告発を受けたレスリング・栄和人強化本部長の娘に衝撃の事実が・・・

伊調馨選手へのパワハラで告発を受けた栄和人・レスリング協会強化本部長の娘に衝撃の事実が発覚!これはアカンわ・・・

【これはアカン】パワハラ告発を受けたレスリング・栄和人強化本部長の娘に衝撃の事実が・・・のイメージ

目次

  1. 1レスリング・栄和人強化本部長の娘に衝撃の事実が発覚!
  2. 2ネットの反応

レスリング・栄和人強化本部長の娘に衝撃の事実が発覚!

吉田沙保里選手、伊調馨選手ら6人の金メダリストを育てたレスリング協会の栄和人・強化本部長が、伊調馨選手に、度重なるパワハラを行っていたとして告発された問題。

内閣府の公益認定等委員会に告発したのはレスリング関係者で、伊調馨選手は「告発状に一切関わっていない」としています。

女子レスリング指導の第一人者として、その功績が高く評価されている栄和人氏。しかしえこひいきや私情を挟むこともよく知られていいるとか・・・

「至学館大監督でもある栄本部長は、教え子へのえこひいきもある。代表選考で私情を挟むこともあり、16年リオ五輪75キロ級の人選では、至学館大OGの渡利璃穏が3月のアジア選手権で優勝したため、その前に代表入りがほぼ内定していたライバル大学の選手とスパーリングさせた。結局、そのスパーリングに勝った渡利を代表に選んだが、教え子をリオに出場させたいとの思惑が見え隠れしていた」(レスリング関係者)

それが露骨に現れたのが、2018年女子ワールドカップの代表選考ではないかとネットで話題になっています。

2018年女子ワールドカップの代表は、2017年日本選手権の1・2位を中心にした20名のメンバーの中から選考することになっていました。

2017年の日本選手権65キロ級は以下のような結果でした。

1位 源平彩南 至学館大 
2位 森川美和 東京・安部学院高 
3位 今井海優 自衛隊 
3位 榎本美鈴 環太平洋大 
5位 河内美樹 日体大 
5位 栄希和 (内容的に6位相当) ← 

そして選考により2018年女子ワールドカップ65キロ級に選ばれた2名は・・・

源平彩南(至学館大)←1位 
栄 希和(ジェイテクト)←6位

至学館大学の自分の教え子と、自分の娘という選考だったわけです!!

元々はプレーオフなど、公式試合で代表を決めていたのに、栄和人氏の意向で選考を合宿で決めていくようになっていったといいます。

「ある年、世界選手権代表決定プレーオフで勝った選手を栄さんが気に入らなかった。そこで『あの選手は練習態度が悪いから、合宿で改めて代表を決める』と突然、プレーオフ直後に言い出したんです。そのときは勝った選手の側が、事前に公表されていたのと違う選考方法をいきなり言い出すのはおかしいと抗議したら、すぐに引っ込めました。でも次の年からは、女子だけ、代表決定プレーオフ戦が設定されなくなりました。合宿のなかで決めていくようになりました」

今回の告発状に名前が出てくる田南部コーチの娘さんは、世界大会で表彰台に上がる常連で将来を期待される選手にも関わらず、栄和人氏にハブられているとか・・・

一人が絶対的な権力を持ちすぎた結果でしょうか?

露骨すぎるやろ・・・

ネットの反応

・ここまであからさまやってたら内部告発も起こるわけだ
・関係者の子弟ばっかりとかひょっとしてメチャクチャ狭い業界なのか
・爺さんかと思ってたらまだ50代かよw
・指導者としてはクッソ有能やけど人格に問題あるから権力持たせたら暴走するタイプや

偉大すぎる成果を出したコーチだけに誰も口が出せない状況になってしまったのでしょうか?
権力者が間違った方向に暴走した最悪の例かもしれません。

出典:2ch.sc, ニフティニュース

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ