取材スタッフが凶悪なヒグマに食い殺された・・・『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故がこちら!

ヒグマの映像を撮るために取材中、ヒグマに食い殺されたスタッフ・・・『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故の一部始終を大公開!

取材スタッフが凶悪なヒグマに食い殺された・・・『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故がこちら!のイメージ

目次

  1. 1『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故
  2. 2星野道夫を襲った惨劇
  3. 3ネットの反応

『どうぶつ奇想天外』で起きた史上最悪の死亡事故

1993年放送を開始し、TBSの人気番組として2009年まで放送された『どうぶつ奇想天外!』。

その根強い人気から、2016年には復活特番も放送されています。

人気の動物をテーマにしたクイズ形式の番組で、家族揃って安心して楽しめると人気だったこの番組に似つかわしくない死亡事故があったことをご存知でしょうか?

その事故は放送開始から4年目にあたる1996年に起きました。

取材のきっかけは、動物写真家の星野道夫から持ち込まれた「ヒグマと鮭(サケ)」を写真に収める様子をレポートする企画でした。

これまでヒグマの撮影を何度もこなしてきた星野道夫が、ヒグマに襲われてしまったのです。

その現場は、ロシアのカムチャッカ半島南部のクリル湖畔。取材には星野道夫とTBSのスタッフ、さらにロシア人ガイド2名が同行していました。

現場には身の安全を確保できる小屋があり、TBSのスタッフはここで宿泊。

「この時期は、サケが川を上って食べ物が豊富だから、ヒグマは襲ってこない」

との判断から、星野道夫だけが小屋から少し離れた湖畔のほとりに張ったテントで寝泊まりしながらヒグマの出現を待ちました。

スタッフらが現地に到着した日から2日後の7月27日に、最初の異変がありました。星野道夫の近くでテントを張っていたアメリカ人写真家がヒグマを発見したのです。

それは体長2m超・体重は250kgはあろうかという巨大な雄のヒグマで、額に特徴的な赤い傷を持っていました。

その時のヒグマは宿泊用の小屋に備え付けてある食糧庫によじ登ろうとしていたといいます。

この時は2人とも襲われることなくヒグマはどこかへの消えました。このヒグマの行動に危険を感じたアメリカ人写真家は安全な鮭観察タワーに引き上げています。

ロシア人ガイドも避難するよう説得したものの、星野道夫は聞き入れずその場に留まり続けました。その後、ヒグマが現われてもクマ除けスプレーで追い払い、テントで撮影を続けました。

しかし、遂に悲劇が起きてしまいます。最初の遭遇から2週間が経過した8月8日の深夜4時頃のことでした・・・

星野道夫を襲った惨劇

暗闇のキャンプ場にヒグマのうなり声と星野道夫の悲鳴が響き渡りました。

それを聞いて急いで小屋から出たTBSスタッフが目撃したのは、星野道夫を咥えて森へ引きずっていくヒグマでした。

ロシア人ガイドがすぐさま捜索ヘリを要請し、ヘリから発見したヒグマを射殺。その後に発見された星野道夫の遺体は無残にもヒグマに喰い荒らされていたとか・・・

この年は鮭の遡上が遅れていたためヒグマは空腹だったとみられています。アメリカ人写真家が見た食糧庫を荒そうとする様子は、その数日前にも見られていたそうです。

またこの赤い傷を負ったヒグマは、地元テレビ局の社長によって餌付けされていて人間に慣れていたとの証言もあります。

なお、これらの情報はTBSが作成した『遭難報告書』によるものです。ロシア人ガイドやアメリカ人写真家の証言との食い違いもみられるそうです。

過信してしまったのでしょうか・・・

ネットの反応

・ロシア人ガイドの忠告は聞いておくべきだったな
・TBSスタッフから撮影を急かされたって話もあったよな?
・アメリカ人写真家の判断が正しかったということ
・その後も何度もヒグマ来てるんだから諦めればよかったのに

自分から持ち込んだ企画である以上、撮影失敗はできないとの思いから
無理な行動に出てしまったのでしょうか・・・

出典:エキサイトニュース, Wikipedia

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ