【驚愕の真相】テレビ放送できない!?ジブリアニメ『火垂るの墓』が放送されなくなった理由とは・・・

スタジオジブリの名作アニメ『火垂るの墓』が放送できなくなった!?都市伝説で囁かれているその驚愕の理由とは・・・

【驚愕の真相】テレビ放送できない!?ジブリアニメ『火垂るの墓』が放送されなくなった理由とは・・・のイメージ

目次

  1. 1『火垂るの墓』はテレビ放送できない!?
  2. 2放送されないのはサクマドロップの商標権の問題?
  3. 3ネットの反応

『火垂るの墓』はテレビ放送できない!?

1988年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメ映画『火垂るの墓』は、その後、終戦記念日の前後に金曜ロードショーで度々放送されてきました。

最初にテレビ放映されたのは公開翌年の1989年8月11日。視聴率20.9%という数字を叩き出しています。

その後、1990年、1993年、1997年と放送され、1997年以降は2年に1度のペースで放送されました。

・1990年8月17日 10.7%
・1993年8月13日 14.5%
・1997年8月8日  19.1%
・1999年8月6日  18.8%
・2001年8月10日 21.5%
・2003年8月22日 15.1%
・2005年8月5日  13.2%
・2007年9月21日 7.7%
・2009年8月14日 9.4%

しかしそれから2年後には放送されず、4年後の2013年の8月にも放送されなかったため、何か放送できない理由があるのでは・・・とネットでは様々な憶測が飛び交いました。

放送されないのはサクマドロップの商標権の問題?

『火垂るの墓』の中で妹・節子が大好きなお菓子として登場するのがドロップ。

1908年(明治41年)に佐久間惣次郎商店(後の佐久間製菓株式會社)が発売した「サクマ式ドロップス」のことです。

しかし、戦争で砂糖の供給が止まったため、佐久間製菓株式會社は廃業に追い込まれました。

戦後、佐久間製菓株式會社で番頭の立場にあった人物が佐久間製菓を興し「サクマ式ドロップス」を、佐久間製菓株式會社の社長の三男がサクマ製菓を興し「サクマドロップス」を発売。

両者は登録商標を巡って裁判で争っていて、双方の商品名・社名を名乗ることが認められています。

ネットではこの商標問題が放送されない理由、との都市伝説が囁かれました。しかしこの問題は決着しており、放送されない理由にはならないと思われます。

1988年の映画公開時には、「サクマ式ドロップス」の復刻版も発売されています。

他には、視聴率が下がっているから、反戦映画への風当たりが強くなった、などの憶測もありましたが、2013年は、終戦記念日から3ヶ月遅れの11月22日に放送されました。(視聴率は9.5%)

2015年はまた8月14日に放送(視聴率は9.4%)されていますから、放送できなくなったわけではないようです。

もっと放送して欲しい!

ネットの反応

・2013年だけ11月にやったのは謎だな
・4年に一度くらいは放送して欲しい名作
・サクマドロップがそんなことになってたの知らんかったわ
・思い出しただけで泣いてまう

原作者・野坂昭如は映画公開前年に「アニメ恐るべし」とその描写の緻密さを絶賛
一度は観てもらいたい名作アニメの一つですね!

出典:話題のあのニュース, Wikipedia

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ